Jun 16, 2021 news

映画『ソウルメイト/七月と安生』第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネートの切なくも優しい友情の物語【ポスター/予告篇 解禁】

A A

この度、第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされ、ヒットメーカーのエドガー・ライト監督をして「本作のノミネートが心から嬉しい」と言わしめた傑作『少年の君』。その監督として世界から注目を浴びるデレク・ツァンの単独監督デビュー作にして、同じくチョウ・ドンユイを主演に迎え圧倒的評価を獲得し、今月6月25日(金)より日本公開を迎える『ソウルメイト/七月と安生』。この度日本版のポスタービジュアルと予告編、そして場面写真が一挙到着した!

ソウルメイト/七月と安生

本作はプロデューサーを務めた名匠ピーター・チャン監督(『ラヴ・ソング』)の下、既に監督の繊細な演出手腕は遺憾なく発揮されており、香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨で12部門ノミネート(作曲賞受賞)、同じく中華圏を代表する映画賞・金馬奨ではアンシェンを演じたチョウ・ドンユイ、チーユエを演じたマー・スーチュンの二人に主演女優賞W受賞という快挙をもたらすなど、その年の映画賞を席巻した。

ソウルメイト/七月と安生
解禁されたポスタービジュアル

そして、この度公開になったのは、二人の女性の横顔が美しく重なり合う中、「大好きで、大嫌いで、私の全てだったあなたに。」と、その複雑な関係性を思わせるコピーが印象的なビジュアル。そして予告篇では、明るく屈託のない関係だった幼馴染の2人が、大人になるに連れて社会に揉まれ、互いにすれ違っていく様子が、時代そして美しい風景の移ろいとともに描かれてゆく。

同名の人気小説を大胆に脚色して描かれた2人の女性の物語は、劇中でも『七月と安生』という小説に描かれている内容とリンクしながら、予想だにしなかった結末へと加速してゆく。2人が選んだ人生の先に一体何があったのか?切なくも優しい友情の物語の真相を、是非劇場で確かめてほしい。

映画『ソウルメイト/七月と安生(チーユエとアンシェン)』

監督:デレク・ツァン(曾國祥)
主演:チョウ・ドンユイ(周冬雨)、マー・スーチュン(馬思純) 

2016年/中国・香港/中国語/110分/字幕翻訳:神部明世
原題:七月與安生/英題:SOUL MATE/レイティング:G
配給:クロックワークス
協力:大阪アジアン映画祭
公式サイト:https://klockworx-asia.com/soulmate/
© 2016 JOYCORE Pictures(Shanghai) CO.,LTD. , J.Q. Pictures Limited,Alibaba Pictures Group Limited,We Pictures Ltd. ALL  Rights reserved.

6月25日(金) 新宿武蔵野館ほか順次公開