Jan 05, 2023 news

大泉洋が日本語吹替版キャストに決定! 渾身の歌声で新境地を魅せる 映画『シング・フォー・ミー、ライル』

A A

言葉を話さず、歌でしか想いを伝えられない<ワニのライル>が、その歌で人間と心通わせる様子をドラマティックなオリジナル楽曲と心弾むポップソングから成るミュージカルナンバーと共に描き出す、ミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』。

オリジナル版では世界的シンガーソングライターのショーン・メンデスが務めたライル役の日本語吹替版キャストに、本格的なミュージカルは初挑戦となる大泉洋が決定。ボイステスト当時の様子や、源頼朝に扮した姿で練習したエピソードなどを、大泉ならではのユーモアたっぷりに語り尽くした特別インタビューも公開された。

大泉は、2022年夏から歌のレッスンに集中的に取り組み、英語詞のオリジナル曲をマスターしてボイステストを見事クリア。その歌声は、審査したアメリカのクリエイティブ・スーパーバイザーも「スウィートでエモーショナルで、純粋で温かった」と絶賛するほど。

大泉洋が日本語吹替版キャストに決定! 渾身の歌声で新境地を魅せる 映画『シング・フォー・ミー、ライル』

大泉自身も今回の役どころを「自分のなかで久しぶりにやってみたいと思うような、新たな挑戦だった。」と振り返り、おしゃべり上手な国民的俳優が今回ばかりは台詞を封印。「あれは『歌』ではなく、紛れもなく『芝居』だった」と語り、その渾身の歌声で、繊細に色鮮やかにライルの想いを伝え、ハリウッドの一流スタッフが手掛けた本格ミュージカル映画で新境地を魅せる。

『グレイテスト・ショーマン』『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが贈る、奇跡と感動のファンタジー・ミュージカル、映画『シング・フォー・ミー、ライル』は2023年3月24日(金)全国公開。

作品情報
大泉洋が日本語吹替版キャストに決定! 渾身の歌声で新境地を魅せる 映画『シング・フォー・ミー、ライル』
映画『シング・フォー・ミー、ライル』

ニューヨーク。ショーマンのヘクターは古びたペットショップで魅惑の歌声を耳にする。歌っていたのはなんと、一匹のワニだった。ヘクターはそのワニのライルを相棒にしようするが、ライルのステージ恐怖症が判明。ヘクターは去り、ライルはたった一匹、取り残されてしまう。長い月日が経ったある日、ひとりの少年と家族がライルの隠れ住む家に越してくる。傷付き、歌うことをやめていたライルは、自分と同じように孤独な少年を前に再び歌いだす。やがてふたりは歌を通して心通じ合わせていく‥‥。

監督:ウィル・スペック & ジョシュ・ゴードン

音楽:ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール

声の出演:ショーン・メンデス
出演:ハビエル・バルデム、コンスタンス・ウー、ウィンズロウ・フェグリー、スクート・マクネイリー、ブレット・ゲルマン

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

2023年3月24日(金) 全国公開

公式サイト Sing-for-me-Lyle.jp

SHARE