Sep 04, 2021 news

MCU初のアジア系ヒーローが誕生 ! 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』新たな展開を予感させる最新予告映像が公開

A A

全世界を席巻し、衝撃と感動を巻き起こしたMCU (マーベル・シネマティック・ユニバース) 22作目にあたる『アベンジャーズ / エンドゲーム』。公開当時、全世界歴代興行収入記録を塗り替え世界No.1を記録した、世界中の人々の記憶に残るこのビッグタイトルを生み出したマーベル・スタジオが新時代に贈り出すのは、【最強ゆえに戦いを禁じた、新ヒーロー“シャン・チー”】。

MCU初のアジア系ヒーローが誕生 ! 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』新たな展開を予感させる最新予告映像が公開

9月3日(金)の公開を迎える否や、熱いファンからも絶賛の声が続き話題沸騰中。そんなマーベル・スタジオの新時代を築く新ヒーロー誕生を描く映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』から新たな予告映像が公開された。

驚異的な最強の武術を駆使し手に汗を握る激しい高速バトルを繰り広げ、冒頭から興奮は最高潮。観客の目を釘付けにして息を呑んでしまうような緊張感と、思わず声が出てしまうようなスピード感・躍動感溢れる、マーベル・スタジオが新境地へ踏み込んだ”マーシャル・アーツ“全開の壮絶バトルに圧倒される映像が満載となっている。また、多彩なアクションと同時に、シャン・チーが自分の運命と葛藤し、ヒーローとして目覚めていく姿も垣間見える。

シャン・チーを演じたシム・リウは本作のアクションについて「スタント・パフォーマーたちは、モンゴル、中国、オーストラリア、カナダ、アメリカと世界中からやって来た。僕たち全員が集まって、お互いに学びながら仕事をした。僕がオーストラリアに到着した時から、撮影開始前の3ヶ月間、彼らが僕に見せてくれたものにすごく驚かされた。」と、迫力の”マーシャル・アーツ“を作り上げるためにあらゆるアクションを学んだことを明かす。

マーベル・スタジオ社長でもあり本作の総制作指揮をとったケヴィン・ファイギは、本作をただのアクション映画ではなく「自分の父親がそもそも世界有数の犯罪者の一人であることに気づく若者のストーリー」だと明かす。「シャン・チーはその事実を乗り越えて進化するために、どうやって立ち向かえばよいのかを見出さなければならない。今回の映画では、彼の父親への世間の認識や彼の認識は、シャン・チーが最初に考えていたものよりも、ずっと複雑なものだったことが示される。そこが物語の原動力として素晴らしいものであり、私たちはそこを掘り下げたいと考えた」と注目のアクションだけでなく、シャン・チーと父シュー・ウェンウーを中心としたストーリーにも重厚なドラマが描かれており、シム・リウも「これまでのマーベル映画では決して見られなかったシーンや場面に驚かされるはず。そういうシーンに衝撃を受けて魅了される」と自信を見せている。

MCU初のアジア系ヒーローが誕生 ! 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』新たな展開を予感させる最新予告映像が公開

先の読めない展開でまったく新しくて独特な視点でドラマチック・アクション・エンターテイメントが繰り広げられる、映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、絶賛公開中。

作品情報
MCU初のアジア系ヒーローが誕生 ! 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』新たな展開を予感させる最新予告映像が公開
映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生。悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓った優しすぎる男、シャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメント。

監督:デスティン・ダニエル・クレットン

出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー

ウォルト・ディズニー・ジャパン

©Marvel Studios 2021

公開中

公式サイト marvel.disney.co.jp/movie/shang-chi