Sep 17, 2021 news

上映決定!細野晴臣 2年ぶりの新たなライブ・ドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』ポスタービジュアルも公開

A A

細野晴臣デビュー50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』の公開から2年。今回新たに、2019年にアメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで開催された貴重なライブ映像と細野晴臣の直近のトークシーンをまとめたライブ・ドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』の全国公開が決定した。

「はっぴぃえんど」、「Yellow Magic Orchestra」として活動、80年代には松田聖子、中森明菜などの楽曲を手がけ、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『万引き家族』(19)等のサウンドトラックを手掛けるなど常に変化を繰り返し、斬新にして普遍的な音楽を想像し続ける細野晴臣。

2019年には、細野晴臣にとって初のアメリカでのソロライブをニューヨークとロサンゼルスで開催、大盛況を収めたほか、日本では50周年を記念して展覧会「細野観光1969-2019」を開催、またドキュメンタリー映画『NO SMOKING』も公開され、数多くの人がその偉大な軌跡に賛辞を贈った。

今回公開されたポスタービジュアルのアートワークは、映画『NO SMOKING』に続いて、TOWA TEI & TOMOO GOKITAが手掛け、煙草をくゆらせながら、ギターを持つ細野晴臣の姿が描かれている。

コピーは“In Memories of No-Masking World”(マスクのない世界を偲んで)。

前作公開より2年、突然現れたウィルスにより世界は一変し、それまで普通だったことが、普通でなくなり、音楽も映画も舞台も、全てのエンタテインメントを家で楽しむことが余儀なくされる日々が普通になってしまった。ライブは映像として伝えられ、人々が同じ空間で音楽を楽しんでいたのは過去の出来事。

アメリカの舞台で軽やかに、自由に、ギターを奏で、歌う細野晴臣。彼は今何を思い、語るのか。細野晴臣の17曲(「住所不定無職定収入」「Sports Men」「Body Snatchers」を含む全17曲)を記録するライブ・ドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』は、11月12日(金)よりシネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーションシティシネマ他にて全国公開。

作品情報
上映決定!細野晴臣 2年ぶりの新たなライブ・ドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』ポスタービジュアルも公開
映画『SAYONARA AMERICA』

細野晴臣デビュー50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』の公開から2年。新たに、2019年にアメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで開催された貴重なライブ映像と細野晴臣の直近のトークシーンをまとめたライブ・ドキュメンタリー。(「住所不定無職定収入」「Sports Men」「Body Snatchers」を含む全17曲)

出演・音楽:細野晴臣

監督:佐渡岳利

プロデューサー:飯田雅裕

配給:ギャガ

©2021“HARUOMI HOSONO SAYONARA AMERICA”FILM PARTNERS

2021年11月12日(金) シネスイッチ銀座、シネクイント、大阪ステーションシティシネマ他にて全国公開

公式サイト gaga.ne.jp/sayonara-america