Feb 24, 2022 news

中島健人×松本穂香 Netflix映画『桜のような僕の恋人』Mr.Children主題歌の予告映像が公開

A A

泣ける恋愛小説としてTikTokで人気に火がつき、発行部数60万部を突破したベストセラー小説を映画化した『桜のような僕の恋人』。かねてより原作ファンを公言、本作の制作発表時には「震えるような感動と同時にずっしりと重い責任を感じました。僕の役者人生の中でもっとも泣いた宝物のような脚本です。僕の26年の人生の最高傑作にしたいと強く思っています」と熱いコメントを寄せた中島健人が主人公・朝倉晴人役、有明美咲役を松本穂香が演じる。

美容師の美咲に恋をした晴人は、勇気を出して彼女をデートに誘う。目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため再びカメラと向き合うことを決意する。しかし、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症する。好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができない、という残酷な現実を前に美咲が出した決断とは。

この度、主題歌がMr.Childrenの「永遠」に決定。あわせて本予告映像が公開された。

中島健人演じる晴人が「僕は春が来ると君のことを思い出すんだ。桜のような僕の恋人を」というセリフと共に、Mr.Childrenが本作の為に書下ろした主題歌「永遠」のメロディーが流れ、松本穂香演じる美咲の眩い笑顔が映し出される。「カメラって魔法の道具なんです」と話す晴人に「いつか見せてよ、晴人君の写真」と微笑む顔には、この先も続く未来を想像して2人の胸が高鳴る様子が伺える。

しかし場面は一変、病院で検査を受ける美咲の姿が。不穏な空気の中で要潤演じる医師の神谷から「人より早く歳をとる病気です。次の春を迎える事は‥‥」と衝撃の診断を受ける事に。片想いが成就し幸せ絶頂の晴人だったが、美咲から突然 理由も無く別れを告げられる。永山絢斗演じる美咲の兄・貴司が、美咲の一度は手放した晴人への後悔を悟り、「自分が一番大事な物は諦めるな!」と訴える姿など、病気が進行していく美咲を中心に周囲の人達の心情も露わになっていく。

そして、主題歌の作詞・作曲を手がけた桜井和寿のコメントが公開された。

【コメント / Mr.Children 桜井和寿】

過去の何処かに置いてきた何かが、
忘れかけていた大切な何かが、
この物語の中にある気がして、
これでもかってくらい感情移入し、物語にシンクロさせてこの曲を制作しました。

また、今年はMr.Childrenとしてデビュー30周年にあたる年であり、
久しぶりに小林武史さんと一緒にこの曲を作れたことは、自分達の音楽を再確認する大切な時間となりました。

出逢いに
めぐりあわせに
ただただ感謝。
最後の一瞬まで、逃さずに焼き付けてください。

儚くも美しい、忘れられない恋を描くNetflix映画『桜のような僕の恋人』は2022年3月24日(木)Netflixにて全世界独占配信。

作品情報
中島健人×松本穂香 Netflix映画『桜のような僕の恋人』Mr.Children主題歌の予告映像が公開
Netflix映画『桜のような僕の恋人』

美容師の美咲に恋をした晴人は、勇気を出して彼女をデートに誘う。目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため、再びカメラと向き合うことを決意する。しかし、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症する。好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができない、という現実を前に晴人と美咲が出した、二人の歩み方とは。

監督:深川栄洋

原作:宇山佳佑『桜のような僕の恋人』(集英社文庫刊)

出演:中島健人、松本穂香、永山絢斗、桜井ユキ、栁俊太郎、若月佑美、要潤、眞島秀和、モロ師岡、及川光博

2022年3月24日(木) Netflixにて全世界同時配信