Jun 09, 2022 news

さかなクンが“ギョギョおじさん”役で映画初出演!映画『さかなのこ』親友・ドランクドラゴンの鈴木拓も登場する本編映像が公開

A A

日本中の誰もが知るあの“さかなクン”の半生を、主演・のん×監督・沖田修一がユーモアたっぷりに描く、沖田作品の集大成とも言える映画『さかなのこ』。原作はさかなクン初の自叙伝「さかなクンの一魚一会 〜まいにち夢中な人生!〜」(講談社刊)。子供の頃からお魚が大好きだったさかなクンが、たくさんの出会いの中でやがて“さかなクン”になるまでを描いた原作を、劇作家や映画監督でもある前田司郎が、フィクションも織り交ぜながら沖田監督と共にシナリオとして大胆にアレンジ。

原作者であり、主人公“ミー坊”のモデルとなったさかなクンが“ギョギョおじさん”という謎の人物として本作で映画初出演。公開された本編映像では、さかなクンのトレードマークであるハコフグ姿はそのままに、白衣の代わりにトレンチコートを羽織り、小学生のミー坊と幼馴染のヒヨの前に「ギョギョ〜?」と言いながら突然現れる、ちょっと怪しい“ギョギョおじさん”姿を初披露。

さかなクンのようで、さかなクンではない、お魚が大好きなギョギョおじさんは主人公“ミー坊”の将来を決定づけ、後々大事件を起こしてしまう超重要な役どころ。さかなクンは、自叙伝の映画化、そして映画初出演について「映画化してくださると最初に伺った時は『ギョギョッ!!?』とビックリしました。さらに“ギョギョおじさん“としてお招きいただけると聞いてまたビックリしまして、『夢のようだなぁ』と思いました!」とさかなクン節全開でその喜びと驚きを表現した。

撮影初日に行われたさかなクン演じるギョギョおじさんの登場シーンの撮影では、緊張からか、世界でいちばんさかなクンが得意なはずの「ギョギョ~!?」の一言でNGを出してしまう場面も!?「違った!ギョめんなさい!すみません!ギョめんなさい!皆様!!」と腰を落として謝る姿からは謙虚なさかなクンの人柄がにじみ出ていて、現場が温かな笑いに包まれていたという。

また、今回さかなクンの中学・高校の同級生であり親友であるドランクドラゴンの鈴木拓が出演することも発表された。実際にさかなクンを“ミー坊”と呼ぶ鈴木が演じるのは、さかなクンと鈴木拓の恩師である“鈴木先生”役。学生時代の“ミー坊”をあたたかく支え、お魚博士への道をさらに大きく開くきっかけを作ることになる。

映画『さかなのこ』は9月1日(木)よりTOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国公開。

作品情報
さかなクンが“ギョギョおじさん”役で映画初出演!映画『さかなのこ』親友・ドランクドラゴンの鈴木拓も登場する本編映像が公開
映画『さかなのこ』

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行く。

監督・脚本:沖田修一

主演:のん、柳楽優弥、夏帆、磯村勇斗、岡山天音、三宅弘城、井川 遥

原作:さかなクン「さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~」(講談社刊)

制作・配給:東京テアトル

©︎ 2022「さかなのこ」製作委員会

2022年9月1日(木) TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国公開

公式サイト sakananoko.jp/