Apr 27, 2022 news

75歳から自らの生死を選択できる制度――果たして、是か、非か 近い将来あるかもしれない 映画『PLAN_75』予告映像公開

A A

第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品が決定した、倍賞千恵子主演映画『PLAN 75』が6月17日(金)より全国公開する。この度、その予告映像が公開された。

監督・脚本は、本作が長編初監督作品となる早川千絵。
是枝裕和監督が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一篇『PLAN75』を再構築、キャストを一新し、長編映画化した本作は、超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作だ。昨年のカンヌ国際映画祭での受賞を皮切りに、本年度アカデミー賞国際長編映画賞に輝いた濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』に続く快挙となるか、受賞への期待が高まっている。

75歳から自らの生死を選択できる制度――果たして、是か、非か 近い将来あるかもしれない 映画『PLAN_75』予告映像公開

予告映像では、倍賞千恵子演じる、ホテルの客室清掃員として働くミチが、<プラン 75>のコールセンターからの電話を受け取る場面から始まる。

「75歳以上の高齢者に、死を選ぶ権利を認め、支援する制度、通称<プラン75>が、国会で可決されました」と制度の施行を伝えるニュース音声が流れた後で、<死>の選択を迫られるプラン対象者のミチ、死を推奨する役所の申請窓口担当者のヒロム(磯村勇斗)、死を選んだお年寄りをサポートするコールセンターで働く瑶子(河合優実)ら、制度に翻弄される異なる立場の登場人物たちが描かれていく。

75歳から自らの生死を選択できる制度――果たして、是か、非か 近い将来あるかもしれない 映画『PLAN_75』予告映像公開

働く意志があっても就職先が見つからず追い込まれていくミチ、自らの叔父が<プラン75>の申請に現れ戸惑うヒロム、対象者・ミチとの交流により自らが携わる制度に疑問を持ち始める瑶子ら登場人物たちの気持ちが揺れ動く様子が映像から伝わってくる。
<プラン75>に翻弄される人々が行く着く先で見出した答えとは一体何なのか。「あなたは生きますか?」という投げかけにより、架空の制度を媒介に「生きる」という究極のテーマを問いかける衝撃的な仕上がりとなっている。

2025年には国民の5人に1人が75歳以上になるといわれる日本で、ここに映し出される状況は決して絵空事と言い切れない。

作品情報
75歳から自らの生死を選択できる制度――果たして、是か、非か 近い将来あるかもしれない 映画『PLAN_75』予告映像公開
映画『PLAN 75』

少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン 75>が国会で可決・施行された。様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチは78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン 75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン 75>の申請窓口で働くヒロム、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。また、フィリピンから単身来日した介護職のマリアは幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75>関連施設に転職。利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に臨む日々を送る。果たして、<プラン 75>に翻弄される人々が行く着く先で見出した答えとは―――。

監督・脚本:早川千絵

出演:倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美

配給:ハピネットファントム・スタジオ

©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

2022年6月17日(金) 全国公開

公式サイト happinet-phantom.com/plan75