Mar 23, 2021 news

劇中ラジオで吉田羊の相方に田中みな実!『生きるとか死ぬとか父親とか』ED曲はヒグチアイ!追加出演者も続々決定!

A A
otocotoニュース

田中みな実の出演が決定!
そして!本作のEDテーマも同時解禁!

原作はラジオパーソナリティ・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める”独身のカリスマ“ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。

今回、本作のもう一つの見どころである劇中のラジオ番組『トッキーとヒトトキ』の「お悩み相談コーナー」。
ジェーン・スー自身のラジオ番組でも不動の人気を誇る本コーナーですが、この度、劇中で『トッキーとヒトトキ』のメインパーソナリティを務める主人公・蒲原トキコの相方として、番組を進行するアナウンサー・東七海役に田中みな実の出演が決定した!
女優としても幅広いキャラクターを演じてきた彼女ですが、この度アナウンサー役として本編に登場。リアルな視点での彼女の演技に期待大!

『生きるとか死ぬとか父親とか』
田中みな実 ©「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

そして!ドラマを締めくくるEDテーマは、ヒグチアイの『縁』(読み方:ゆかり)に決定!
書きたい言葉を歌詞にして、伝えたい思いとともに曲にする、そんな彼女の赤裸々の歌と魂の一部でもある“ピアノ”が奏でるダイナミックで力強いメロディーが、可笑しくもほろ苦い家族の物語の最後を飾る!

さらに!エンディング映像は、本作の監督とシリーズ構成を務める山戸結希が手掛ける!
一体、どんな作品に仕上がったのか、最後の最後まで乞うご期待!

「生きるとか死ぬとか父親とか」
ヒグチアイ ©「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

コメント到着!

アナウンサー東七海役:田中みな実
局アナの頃から親交があるジェーン・スーさん原作の本ということで、お話をいただいたときの感慨もひとしおでした。スーさんが大切にされているラジオの仕事でかかわる人物を演じる機会をいただけて大変光栄です。
あたたかく、リアルで、飾らない日常に起こる小さな事件、心の機微、戸惑い。共感することがとても多かったです。私が演じた東七海が抱える悩みは、きっと自身も局に在籍し続けていたら訪れたであろう問題で、現実味を帯びた内容に胸が締め付けられました。
劇中で描かれるラジオ番組『トッキーとヒトトキ』は、小道具や演出など細部にまでこだわっていて本物の番組さながらでした。局アナの頃からラジオの仕事に携わっている身として、よりリアリティーを追求できるよう、ご提案できることはさせて頂きました。今回、共演の吉田羊さんから学ぶこと、得ることが多く、お会いする度に刺激を受けました。羊さんのお芝居を目の前で見て、感じて、受け止めることができて、願ってもないような経験をさせて頂きました。ふたりのやりとりはアドリブも多いので、そこにトキコと東の信頼関係みたいなものが垣間見えるといいなと思います。そして、羊さんのお人柄にすっかり魅了された私は、クランクアップしてからも日々羊さんを想っております。(笑)
大好きな原作がドラマに。単にハートフルな作品ではありません。心の奥がチクチクと疼くかもしれません。でも、トッキーさんが共に考え、寄り添い、言葉を紡いでくれます。ひとりじゃないんだ、大丈夫。観終わったあとに気持ちがふわっと軽くなるような作品です。ご期待ください。


EDテーマ ヒグチアイ コメント
親がいなければ私がいない。当たり前のことだからこそ、忘れちゃうこと。私が老いた分だけ親も老いるのに、なぜいつまでもあの強い親だと思ってしまうのだろう。
まだ何一つ親孝行のできていない私が、もう少し先の未来になにか渡せるものがあるだろうか。その未来のためには、この曲で売れることが1番の近道です。
たくさん聴いてください…ね。

さらに!
岩崎う大(かもめんたる)岩井勇気(ハライチ)平子祐希(アルコ&ピース)
3名のお笑い芸人が役者として参戦!

トキコの元カレ・青柳タツヤ役に岩崎う大(かもめんたる)の出演が決定!

付き合ってた当初は、お互いが目標に向かって切磋琢磨し、時に励まし合い、支え合いながら過ごしていた。

しかし、次第に生まれる男女の役割の逆転、そして“結婚”への価値観のすれ違い、色々なことがあったからこそ、今、再び会うことで、あの時は言えなかったお互いの本心が明かされます。役者としての岩崎う大の活躍に乞うご期待!

そして、岩井勇気(ハライチ)と平子祐希(アルコ&ピース)は本人役で本編に登場する!

どんな形で登場するかは本編を見てのお楽しみに!

3名のコメントも到着!

トキコの元カレ・青柳タツヤ役:岩崎う大(かもめんたる)
まず吉田羊さんの元彼としての説得力を出せるか不安でした。
出番の長さも思った以上にあり、これは勝負だぞ!と思いました。
視聴者の皆さんへ、とても良い仕事ができたと思います!!羊さんと監督のお陰です!
ロケの日がめちゃくちゃ寒かったので、オンエアの時無駄に寒さが伝わらないといいなぁと思ってます。
極寒だったので。。私の本気演技お楽しみに!!


岩井勇気(ハライチ)
今回、自分役で出させてもらいました。
撮影の時、この役がすっと入ってきて「俺は岩井勇気役をずっとやってきたんだなぁ。」と…。
役者として代表作になりました。
普段ラジオを聴いている人に刺さるようなシーンが散りばめられている作品です。これまで培ってきた演技を出し切りましが、興味のある題材なので自分も放送をチェックしようと思います。


平子祐希(アルコ&ピース)
吉田羊と平子祐希の流れるような演技合戦。
一瞬だぞ、見逃すな。

4月9日(金)深夜0時12分放送スタート!

『生きるとか死ぬとか父親とか』
©「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』

【番組名】ドラマ24 『生きるとか死ぬとか父親とか』
【放送日時】2021年4月9日(金)深夜0時12分スタート!
【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0時から放送
【原作】ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫刊)
【主演】吉田羊 國村隼
【出演】 田中みな実 松岡茉優 富田靖子 岩崎う大(かもめんたる)DJ松永(Creepy Nuts)
オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)森本晋太郎(トンツカタン)ヒコロヒー
岩井勇気(ハライチ)平子祐希(アルコ&ピース)
【オープニングテーマ】 高橋優「ever since」(unBORDE/Warner Music Japan)
【エンディングテーマ】 ヒグチアイ「縁」(ポニーキャニオン)
【監督】山戸結希 菊地健雄
【シリーズ構成】山戸結希
【脚本】井土紀州
【チーフプロデューサー】阿部真士(テレビ東京)
【プロデューサー】佐久間宣行(テレビ東京)祖父江里奈(テレビ東京)半田健(オフィスアッシュ)平林勉(AOI Pro.)
【制作】テレビ東京 オフィスアッシュ
【製作著作】「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/ikirutoka/
【公式Twitter】@tx_ikirutoka
©️「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会