Mar 07, 2022 news

巨匠チャン・イーモウが描く“映画愛” 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』予告映像が公開

A A

先日開催された北京冬季五輪で、開・閉会式の総監督を務め、開会式では聖火点灯の演出など大きな話題になった中国の巨匠チャン・イーモウ。これまで3度アカデミー国際長編映画賞にノミネートされ、多くの映画祭で華々しい受賞歴を誇るチャン・イーモウの最新作、映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』。

2021年トロント国際映画祭に正式出品され話題となった本作は、監督自身長年映画化を熱望していた企画であり、その全体にあたたかく流れるのは、チャン・イーモウ監督の確かな“映画への愛”。かつて手掛けた名作『初恋のきた道』や『妻への家路』のようなエモーショナルな人間ドラマであり、全ての“映画”へのオマージュを感じさせる。

この度、日本版予告映像が公開された。

1969年、文化大革命真っただ中の、激動の中国。造反派に歯向かい、西北部にある強制労働所送りになった男は、妻に愛想を尽かされ離婚。最愛の娘とも親子の縁を切られてしまう。数年後、22号という映画本編の前に流れるニュースフィルムに、娘の姿が1秒だけ映っているとの手紙を受け取り男は、一目娘の姿を見たいと強制労働所から脱走。逃亡者となりながらも、22号のフィルムを血眼になって探し続け、映画が上映される予定の小さな村の映画館を目指す。だがフィルムを村まで運ぶ男の隙をついて、素早くのフィルムの1缶を盗み出す子供を目撃。ボロボロの格好をした小汚い少年だと思ったその子供は、孤児の少女・リウだった。

巨匠チャン・イーモウが描く“映画愛” 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』予告映像が公開
巨匠チャン・イーモウが描く“映画愛” 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』予告映像が公開

主人公の逃亡者を演じるのは『最愛の子』『山河ノスタルジア』などで人気を博すチャン・イー。主演に抜擢された2018年公開の『オペレーション:レッド・シー』は、国内でその年の№1ヒットを記録、名実共に大スターの仲間入りを果たした。そしてチャン・イー演じる逃亡者と出会い奇妙な絆で結ばれていく孤児の少女・リウの娘を演じるのは、本作がデビュー作となるフレッシュな若手俳優リウ・ハオツン。『初恋のきた道』のチャン・ツィイーを彷彿とさせる可憐な美少女は、早くも“イー・モウガール”と呼ばれ、次世代を担う新星として国内外から熱い注目を浴びている。さらに小さな村の映画館を仕切り、人々から尊敬の念を集める人格者・ファン電影には、『道士下山』や金馬奨で最優秀主演男優賞を受賞した『MR.NO PROBLEM』などで知られるファン・ウェイ。時代の波に翻弄されながらも、映画をこよなく愛する魅力的なキャラクターを味わい深く演じてみせた。

巨匠チャン・イーモウが描く“映画愛” 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』予告映像が公開
巨匠チャン・イーモウが描く“映画愛” 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』予告映像が公開

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』は、5月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開。

作品情報
巨匠チャン・イーモウが描く“映画愛” 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』予告映像が公開
映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』

1969年、文化大革命真っただ中の、激動の中国。造反派に歯向かい、西北部にある強制労働所送りになった男は、妻に愛想を尽かされ離婚。最愛の娘とも親子の縁を切られてしまう。数年後、22号という映画本編の前に流れるニュースフィルムに、娘の姿が1秒だけ映っているとの手紙を受け取り男は、一目娘の姿を見たいと強制労働所から脱走。逃亡者となりながらも、22号のフィルムを血眼になって探し続け、映画が上映される予定の小さな村の映画館を目指す。だがフィルムを村まで運ぶ男の隙をついて、素早くのフィルムの1缶を盗み出す子供を目撃。ボロボロの格好をした小汚い少年だと思ったその子供は、孤児の少女・リウだった。

監督・脚本:チャン・イ―モウ

出演:チャン・イー 、リウ・ハオツン、ファン・ウェイ

配給:ツイン

© Huanxi Media Group Limited

2022年5月20日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト onesecond-movie.com