Sep 16, 2021 news

シェイクスピア原作 新たな”ひねり”のある演出のナショナル・シアター・ライブ『十二夜』劇場予告映像が公開

A A

ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)は、英国ナショナル・シアターが厳選した世界で観られるべき傑作舞台をこだわりのカメラワークで収録し各国の映画館で上映する画期的なプロジェクト。今では40カ国を超える地域で展開され、観客の総計が55百万人を突破しているNTLive。日本でも、世界で注目される英国演劇を映画館で観られることを楽しむ熱いファンの応援に支えられ、2021年で7年目を迎えた。

この度、NTLive『⼗⼆夜』の劇場予告映像が公開された。

シェイクスピア原作、ツイストの効いたコメディ「⼗⼆夜」を、今回演出を⼿がけるサイモン・ゴドウィン(⽇本でも岡⽥将⽣主演『ハムレット』を演出するイギリスの⼈気演出家)は登場⼈物に新たな”ひねり”を付け加え、新鮮な作品に仕上げている。

シェイクスピア原作 新たな”ひねり”のある演出のナショナル・シアター・ライブ『十二夜』劇場予告映像が公開
シェイクスピア原作 新たな”ひねり”のある演出のナショナル・シアター・ライブ『十二夜』劇場予告映像が公開
シェイクスピア原作 新たな”ひねり”のある演出のナショナル・シアター・ライブ『十二夜』劇場予告映像が公開

⽣粋のシェイクスピアファンはもちろん、シェイクスピア初⼼者も楽しめるNTLive『十二夜』は、10月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて公開。

作品情報
シェイクスピア原作 新たな”ひねり”のある演出のナショナル・シアター・ライブ『十二夜』劇場予告映像が公開
NTLive『十二夜』

シェイクスピアの古典コメディに新たなひねりを加えたサイモン・ゴドウィンによる 舞台。船が岩の上で難破し、ヴィオラは岸に流されたが、双子の弟セバスチャンは行方不明。一人で生き延びようと決意したヴィオラは、新しい土地へと足を踏み出す。人違いと片思いなど人間関係の波乱が巻き起こる。

演出:サイモン・ゴドウィン、ロビン・ラフ(共同監督)

原作:ウィリアム・シェイクスピア

主演:タマラ・ローレンス、ダニエル・ エズラ、オリヴァー・クリス、フィービー・フォックス、タムシン・グレイグ

(c)2014-2021 Culture-ville, LLC

2021年10月8日(金) TOHOシネマズ日本橋ほか公開

公式サイト ntlive.jp/twelfthnight