Aug 30, 2022 news

11年越しに手に入れた夢のマイホームが、突然地下500mへ沈むパニックムービー 映画『奈落のマイホーム』

A A

2021年韓国映画興行収入第2位の大ヒットを記録した『SINKHOLE (英題)』 が、 邦題『奈落のマイホーム』として11月11日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開決定。大都市ソウルの中心で起こった地盤沈下によって突如現れた巨大陥没穴〈シンクホール〉。それは、一瞬にして巨大なマンションを飲み込み、地下500mへと落下させてしまう。建物に取り残されていたのは、11年の節約生活を経て、ようやくマイホームを手に入れた、しがないサラリーマンや、おせっかいな迷惑隣人といった、日常では決して相容れない面々。彼らは、この未曾有の緊急事態からサバイブできるのか‥‥。

この度、予告映像&ポスターが公開された。

11年越しに手に入れた夢のマイホームが、突然地下500mへ沈むパニックムービー 映画『奈落のマイホーム』

監督を務めるのは、『ザ・タワー 超高層ビル大火災』、『第7鉱区』を手掛けた韓国ディザスターの名手、キム・ジフン。『テロ、ライブ』、『バトル・オーシャン 海上決戦』などを手掛けたVFX チームを従え、圧倒的破壊力ある映像を観客につきつける。絶体絶命の危機から脱出しようと必死にもがく普通の人々を演じるのは『毒戦 BELIEVER』の怪演も記憶に新しいチャ・スンウォンや、数多くの映画、ドラマで活躍するキム・ソンギュンら実力派俳優陣。いつしか応援したくなる個性あふれるキャラクターを巧みに演じている。

予告映像では、サラリーマンのドンウォンが11年越しで手に入れたソウルの一等地のマンションを同僚に披露する温かく誇らしげなシーンから始まる。しかし、「面白いよ」と息子が見せてくれた床を転がるビー玉や、隣人マンスが発見した割れたガラス扉が、その後の不吉な展開を予感させると、一気に事態は急変。天井は崩れ、地面はひび割れ、あっという間にマンションはまるごと崩落し、住人もろとも地下500mへと沈んでしまう。

大都市にぽっかりと空いた巨大陥没穴〈シンクホール〉。地上と地下で バラバラになってしまった親子の姿にハラハラさせられる一方、車ごと崩落に巻き込まれた部下が、車を壊した上司に思い切り悪態をつくワンシーンは笑いを誘う。穴に取り残された彼らは生き残るため、数々のトラブルに力を合わせてなんとか立ち向かうが、遥か高い地上に向かって叫ぶ助けを求める彼らの声は届くのだろうか?大都市の中心で起こった未曾有のこの大災厄は、もしかすると明日、我々の身にも降りかかってくるのかも‥‥。

ポスターは、大都市ソウルに巨大陥没穴〈シンクホール〉が突如現れた様子が大きく写し出されたインパクトあるビジュアル。下部には平凡なサラリーマンのドンウォン(キム・ソンギュン)の幸せそうな家族写真や、クセが強い隣人のマンス(チャ・スンウォン)と息子の部屋での団らんの様子、ドンウォンの同僚である部下のキム代理(イ・グァンス)とインターン生のウンジュ(キム・ヘジュン)が働く姿など、シンクホールに沈む前幸せそうな写真がちりばめられている。

映画『奈落のマイホーム』は、11月11日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。

作品情報
11年越しに手に入れた夢のマイホームが、突然地下500mへ沈むパニックムービー 映画『奈落のマイホーム』
映画『奈落のマイホーム』

平凡なサラリーマンのドンウォンは、11年の節約生活を経て、ソウルにマンションを購入、家族とともに引っ越してきた。同僚を招き“引っ越しパーティー”を開くが、大雨で巨大陥没穴〈シンクホール〉が発生。マンション全体と住人たちを僅か1分で飲み込んでしまう。ドンウォンは反りの合わない隣人マンス、そして不幸にもこのマンションを訪れていた同僚たちと共に、地下500m下に落下。さらに大雨が降り始め、穴はどんどん水で満たされていく‥‥嗚呼、夢のマイホーム、彼らの運命はいかに。

監督:キム・ジフン

出演:チャ・スンウォン、キム・ソンギュン、イ・グァンス、キム・ヘジュン

配給:ギャガ

©2021 SHOWBOX AND THE TOWER PICTURES, INC. ALL RIGHTS RESERVED

2022年11月11日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

公式サイト gaga.ne.jp/ naraku