Nov 21, 2022 news

村瀬歩、内山昂輝、梶裕貴、雨宮天らの声が吹き込まれた初映像! Netflix映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』

A A

大人気コミック「七つの大罪」の原作者・鈴木央が描き下ろした完全新作アニメーション、Netflix映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』が12月20日(火)より独占配信されることが決定。本作は、“大罪”シリーズの主人公・メリオダスと、その妻・エリザベスの息子・トリスタンが両親から受け継いだ“大きな力”と向き合いながら、家族を守るために戦いに挑む冒険ファンタジー。

主人公のバトンを受け継いだトリスタン役は村瀬歩が務め、メリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、そしてデスピアス役の阿座上洋平ら“大罪メンバー”声優陣も復帰、さらに新キャラクターの妖精役は内山昂輝が務める。

この度、村瀬や梶、雨宮、内山ら豪華声優陣の声が吹き込まれた初の映像となる、“大罪”らしいスピーディーなアクション満載の本予告映像&場面写真が解禁。あわせて、主題歌が澤野弘之によるボーカルプロジェクト、SawanoHiroyuki[nZk]:XAIによる楽曲「LEMONADE」に決定した。

「七つの大罪」の舞台は、人間と魔神族・女神族・妖精族・巨人族が混在した古の時代。主人公メリオダスが、大国・リオネス王国の平和を取り戻すべく、かつて共に戦った仲間〈七つの大罪〉を探しながら邪悪な脅威と戦う物語。そして「七つの大罪」とストーリーが直結する本作は、メリオダスらが平穏を取り戻した14年後の世界が舞台となる。

本予告映像では、壮大な“大罪サーガ”の次世代を担う主人公トリスタン(村瀬歩)の葛藤や頼もしさなど様々な魅力溢れる一面が垣間見えつつ、“大罪”シリーズ初の3DCG作品となる本作の魅力を体感できるスピーディーかつ迫力満載のアクションシーンが映し出されていく。

村瀬歩、内山昂輝、梶裕貴、雨宮天らの声が吹き込まれた初映像! Netflix映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』

王国にようやく平和が訪れたと思った矢先、突如エリザベスに迫る呪術の脅威‥‥。その元凶は、「七つの大罪」では王国を“守る側”の聖騎士だったデスピアスにあった。昔、尊敬する上官を魔神族に殺されたことなどから人間以外の種族に怨みを抱いていた彼だが、「七つの大罪」の戦いの後はエジンバラへ帰郷。本作ではその“怨嗟”が膨張し、「我が怨念を晴らす日が来た‥‥人間のためだけの国を作る!」と“混沌の杖”を使用し王国を“襲う側”として舞い戻ってくる。

エリザベスを険しい表情で看病するメリオダスには脇目もふらず「僕がママ上を助ける!」と城を飛び出したトリスタンは、道中に出会った妖精(内山昂輝)とともにエジンバラを目指すことに。「リオネスの王子様が面白半分で首を突っ込む気か?」と生意気な口をきく妖精に対して、「君は一体何者なの?」と尋ねるトリスタン。その関係には何か“秘密”が隠されているようにも感じられる。

さらに映像には、シリーズファンにはおなじみのバン、ディアンヌ、キング、ゴウセルら〈七つの大罪〉メンバーの姿もあり、彼らがどのように物語に絡んでくるのか、そしてトリスタンたちは迫り来る脅威を退け、エリザベスを救うことができるのか‥‥?

そして映像内でも奏でられる、主題歌に決定した楽曲「LEMONADE」は、物語をよりエモーショナルに、アクションをよりスピーディーに感じさせる楽曲になっている。手掛けるのは、ボーカル楽曲に重点を置いた澤野弘之によるボーカルプロジェクトのSawanoHiroyukinZkが気鋭のアーティストXAI(サイ)とタッグを組んだSawanoHiroyuki[nZk]:XAI。

この楽曲は、SawanoHiroyuki[nZk]の約2年ぶりとなるフルアルバム「V」(ヴィー)(2023年1月18日(水)発売)内に収録されている。第8回「東宝シンデレラ」オーディション初代アーティスト賞を受賞し、その後アニメーション映画『GODZILLA』三部作の主題歌を担当するなどキャリアを積んできたXAIの美声が、幅広いジャンルを手掛ける奇才・澤野の楽曲とマッチし、壮大な“大罪サーガ”のストーリーに彩りを添える。

【コメント】

■澤野弘之
「七つの大罪」という作品とは2014年のアニメ放送から、その後も映画などシリーズを通して携わらせて頂きました。そんな中、今回“怨嗟のエジンバラ”の主題歌をSawanoHiroyuki[nZk]として担当できることを嬉しく思っています。
今回はボーカリストのXAIさんに参加して頂き、彼女のエモーショナルな歌声の表現力によって楽曲のエネルギーやグルーヴなど、自分の想像以上のサウンドに押し上げてくれたと感じています。新たな「七つの大罪」の世界と共に楽曲を楽しんで頂ければ幸いです。

■XAI
沢山の方に愛される『七つの大罪』シリーズの主題歌を担当させていただけてとても幸せに思っています。どんな罪を背負っていても、寄り添いあえる仲間がいれば諦めないでいられるんだって信じさせてくれる登場人物たちがすごく眩しい。「LEMONADE」は彼らと、そして私たちの冒険心に火をつけてくれる曲だと思います。作品と一緒に楽しんでもらえますように!

作品情報
村瀬歩、内山昂輝、梶裕貴、雨宮天らの声が吹き込まれた初映像! Netflix映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』
Netflix映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』

魔神族との戦いから14年。平穏を取り戻したリオネス王国の王子・トリスタンは、〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉として〈七つの大罪〉の団長を務めた父・メリオダスの魔神族の力と母・エリザベスの女神族の力、大きすぎる2つの力を制御できずに悩み苦しんでいた。そんな中、かつて聖騎士の集団〈蒼天の六連星〉に名を連ねるも、王国を捨てたデスピアスの魔の手がエリザベスに迫る。呪いに侵される母親を救うためトリスタンは王国を飛び出し、デスピアスが居城を構えるエジンバラを目指す。そして、新たに出会う妖精族によってトリスタン自身の運命も大きく動き出すこととなる。〈七つの大罪〉をも巻き込む、新世代の物語がいま始まる。

総監督:阿部記之
監督:ボブ白旗

原作:鈴木央『七つの大罪』(講談社「週刊少年マガジン」)

声優:村瀬歩、内山昂輝、梶裕貴、雨宮天、鈴木達央、悠木碧、福山潤、髙木裕平、小松未可子、阿座上洋平、興津和幸、徳留慎乃佑、小市眞琴、下地紫野

2022年12月20日(火) Netflixにて独占配信

公式サイト netflix.com/title/81302750