Mar 31, 2022 news

死恐怖症の女子大生 vs 幽霊団地に住み着く住人達 映画『N号棟』絶叫の予告映像が公開

A A

気鋭の実力派女優・萩原みのり主演作、2000年に実際起きた都市伝説にもなっている幽霊団地事件を基にした“考察型”恐怖体験ホラー映画『N号棟』。

萩原みのり演じる死恐怖症の女子大生・史織が幽霊団地の住民や次々と襲い掛かる予測不能な怪奇現象に、次第に飲み込まれ、正気を保てず絶叫するほど追い込まれていく予告映像が公開された。

2000年、岐阜県富加町にて実際に起きた幽霊団地事件を基に、「世にも奇妙な物語」を数多く演出およびプロデュースした奇才・後藤庸介監督による解釈で、実際の事件を超える恐怖を体験する本作。主演には、昨年末公開の主演作『成れの果て』での好演も記憶に新しい、近年話題作への出演が相次ぎ作品ごとにその表情を大きく変え、観る者を魅了してやまない、いま業界で最も注目される女優のひとり萩原みのり。共演には、子役時代から数々の作品に出演している実力派の山谷花純。『夏、至るころ』(20)、『衝動』(21)と主演作が続く倉悠貴、国内外問わず多くの賞を受賞している名女優筒井真理子ほか、超個性派バイプレイヤー岡部たかし、諏訪太朗、赤間麻里子などが脇を固める。

死恐怖症の女子大生 vs 幽霊団地に住み着く住人達 映画『N号棟』絶叫の予告映像が公開

映像は、興味本位で史織が同じ大学に通う啓太(倉悠貴)と真帆(山谷花純)と一緒に、いわくつきの団地に足を踏み入れるところから映像は始まる。鳩の死骸が転がっていたり、天井に不気味なシミが広がっていたりと、到底人が生活しているようには見えず廃墟だと思い込んでいたその団地には、多くの住人が住み着いていることがわかる。

そこから映像は、不可解な現象や、理解不能な行動を繰り返す住民たちなど、幽霊団地の異常さがヒシヒシと伝わってくるが、「この団地には絶対なんかある!」「この人たち、おかしい」と、始めはビデオカメラなどで、原因を突き止めようと奮闘する史織。しかし体験したことのない恐怖をひっきりなしに浴びせられるうちに史織は、誰かにナイフを突き刺し、友達の真帆に「人殺し!」と詰め寄られるなど、徐々に正気を失っていく。

誰がまともなのか、本当におかしいのは住民なのか史織の方なのかと観ている観客にとっても、行きつく先の読めない怒涛の展開に発展。映像は最後「真実を知りたいのですよね?」と不気味にほほ笑む住人の加奈子(筒井真理子)のセリフで締めくくられる。狂気の団地に秘められた最大の秘密とは一体何なのか?

死恐怖症の女子大生 vs 幽霊団地に住み着く住人達 映画『N号棟』絶叫の予告映像が公開

映画『N号棟』は、4月29日(金・祝)より新宿ピカデリーほか全国公開。

作品情報
死恐怖症の女子大生 vs 幽霊団地に住み着く住人達 映画『N号棟』絶叫の予告映像が公開
映画『N号棟』

とある地方都市。かつて霊が出るという噂で有名だった廃団地。女子大生・史織が同じ大学に通う啓太・真帆と共に興味本位で訪れると、なぜかそこには数多くの住人たちがいる。3人が調査を進めようとすると、突如激しい<怪奇ラップ現象>が起る。そして、目の前で住人が飛び降り自殺をしてしまう。驚く3人だが、住人たちは顔色一つ変えない。何が起きているのか理解できないまま、その後も続発する、自殺とラップ現象‥‥住人たちは、恐怖する若者たちを優しく抱きしめ、仲間にしようと巧みに誘惑してくる。超常現象、臨死浮遊、霊の出現‥‥「神秘的体験」に魅せられた啓太や真帆は洗脳されていく。仲間を失い、追い詰められた史織は、自殺者が運び込まれた建物内へ侵入するが、そこで彼女が見たものは、思いもよらぬものだった。

監督・脚本:後藤庸介

出演:萩原みのり、山谷花純、倉悠貴 / 岡部たかし、諏訪太朗、赤間麻里子 / 筒井真理子

配給:SDP

©「N号棟」製作委員会

2022年4月29日(金・祝) 新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト n-goto.com