Mar 16, 2022 news

NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開

A A

ハリウッドの新星マーガレット・クアリーと名優シガニー・ウィーバーがタッグを組んだ映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』。

この度、新たなシーン満載の最新予告映像が公開された。

映像は、スーツケースと身ひとつでニューヨークにやってきたジョアンナが、この街で作家を目指すことを決意するシーンから始まる。老舗出版エージェンシーでアシスタントとして働き始めた彼女の⽇課は、サリンジャー宛の⼤量のファンレターに定型⽂を返信すること。「ライ麦畑」を3回読んだという10代の少年、作家志望の娘を亡くした母親‥‥彼らの情熱に溢れた手紙に心を打たれ、「きちんと返事をすべき」と上司マーガレットに意⾒をするも、一蹴されてしまう。そんな雑務に追われる毎日で夢を見失いそうになったときに、電話を受け取った相手はあのサリンジャーだった。彼は電話口で「作家になりたいなら毎日書くんだ」とジョアンナにアドバイスをする。

NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開
NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開
NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開

さらに後半では、「サリンジャー本人に手紙を渡してよ」と迫る女子学生も登場。思い悩んだジョアンナがとったある驚きの行動とは?そして、失敗を繰り返しながらも、日々成長していくジョアンナの姿をそっと見守る上司マーガレットが、最後に「あなたには夢があるのね?」と問いかけるその言葉の真意とは?社会に踏み出した女性が様々な出会いと経験を通して自分自身を見つめなおし成長していく様に、大人の自分探しムービーの新たなる傑作を予感させる。

NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開

ジョアンナ・ラコフの⾃叙伝「サリンジャーと過ごした⽇々」(柏書房)を映画化した本作。サリンジャーといえば一般的に「孤高の天才」、「偏屈」、「人嫌い」のイメージを持たれる作家だが、原作では、彼は気取ることなく、作家志望の著者の夢を後押ししてくれる人物として好意的に描かれている。

NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』は、5月6日(金)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。

作品情報
NYを舞台に大人の自分探し 映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』サリンジャーも登場の最新予告映像が公開
映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

90年代、ニューヨーク。作家を夢⾒るジョアンナは、⽼舗出版エージェンシーでJ.D.サリンジャー担当の⼥上司マーガレットの編集アシスタントとして働き始める。⽇々の仕事は、世界中から毎⽇⼤量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。しかし、⼼揺さぶられる⼿紙を読むにつれ、飾り気のない定型⽂を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個⼈的に⼿紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナが電話を受けた相手はあのサリンジャーで‥‥。

監督・脚本:フィリップ・ファラルドー

原作:「サリンジャーと過ごした⽇々」(ジョアンナ・ラコフ 著/井上里 訳/柏書房)

出演:マーガレット・クアリー、シガニー・ウィーバー、ダグラス・ブース、サーナ・カーズレイク、ブライアン・F・オバーン、コルム・フィオールほか

配給:ビターズ・エンド  

9232-2437 Québec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved. 

2022年5月6日(金) 新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開

公式サイト bitters.co.jp/mynydiary/