Feb 18, 2022 news

まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開

A A

ハリウッドの新星マーガレット・クアリーと名優シガニー・ウィーバーがタッグを組んだ映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』。

この度、本作の予告映像が公開された。

90年代、ニューヨーク。作家を夢⾒るジョアンナは、⽼舗出版エージェンシーでJ.D.サリンジャー担当の⼥上司マーガレットの編集アシスタントとして働き始める。⽇々の仕事は、世界中から毎⽇⼤量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。しかし、⼼揺さぶられる⼿紙を読むにつれ、飾り気のない定型⽂を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個⼈的に⼿紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナが電話を受けた相手はあのサリンジャーで‥‥。

まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開
まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開

ジョアンナは偉⼤な作家の声を借りていくうちに、自分自身を見つめ直すことになる。友人や恋人との関係、夢にかける情熱、そして自分の将来について。「何者か」になりたいと願うジョアンナが、自分のストーリーを生きるための、ニューヨークで開く人生の1ページ。都会の片隅で理想と現実の間で揺れ動く女性の姿を、瑞々しくユーモアたっぷりに描いた『レディ・バード』『フランシス・ハ』に続く、共感度100%の大人の自分探しムービー。

まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開
まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開

ジョアンナ・ラコフの⾃叙伝「サリンジャーと過ごした⽇々」を映画化した本作。あの孤⾼の天才作家を⽀えた出版エージェンシーでの、知られざる実話にも期待が⾼まる。劇中でモデルになった出版エージェンシーは、1929年に設⽴された「ハロルド・オーバー・アソシエイツ」。サリンジャーをはじめ、アガサ・クリスティ、ウィリアム・フォークナー、F・スコット・フィッツジェラルドなど数々の⽂豪の作品の契約・著作権の管理などを行ってきた。本が⽣まれる現場での様⼦が垣間⾒える本作は⽂学ファンも必⾒。

まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』は、5月6日(金)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。

作品情報
まるで⽂芸版『プラダを着た悪魔』映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』予告映像が公開
映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

90年代、ニューヨーク。作家を夢⾒るジョアンナは、⽼舗出版エージェンシーでJ.D.サリンジャー担当の⼥上司マーガレットの編集アシスタントとして働き始める。⽇々の仕事は、世界中から毎⽇⼤量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。しかし、⼼揺さぶられる⼿紙を読むにつれ、飾り気のない定型⽂を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個⼈的に⼿紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナが電話を受けた相手はあのサリンジャーで‥‥。

監督・脚本:フィリップ・ファラルドー

原作:「サリンジャーと過ごした⽇々」(ジョアンナ・ラコフ 著/井上里 訳/柏書房)

出演:マーガレット・クアリー、シガニー・ウィーバー、ダグラス・ブース、サーナ・カーズレイク、ブライアン・F・オバーン、コルム・フィオールほか

配給:ビターズ・エンド  

9232-2437 Québec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved. 

2022年5月6日(金) 新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開

公式サイト bitters.co.jp/mynydiary/