Apr 15, 2022 news

「最強のキャストが集結しました!」 竹中直人監督ドラマ『平田さん』予告映像公開

A A

2021年、竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人が共同監督を務め、話題となった映画『ゾッキ』、その裏側を描いたドキュメンタリー『裏ゾッキ』から約1年。続編として、ドラマ・ドキュメンタリー・旅番組を融合した『∞ゾッキ シリーズ』(全12回)の製作が決定した。
このたび、第1弾となるドラマ「平田さん」の第一話予告映像が公開された。

監督を務めたのは竹中直人。物語は、昨年出版された、孤高の天才漫画家・大橋裕之の「ゾッキC」より、愛の書店員が歪んだ社会に睨みをきかす〈平田さん〉が原作となる。

主役の平田さんを演じるのは、映画『地獄の花園』、『僕の好きな女の子』や『耳を腐らせるほどの愛』などに出演し、モデル活動もする長井短。平田さんと同じ喫茶店で働くメガネに、連続テレビ小説「あまちゃん」やドラマ「RISKY」、映画『あのこは貴族』など数々のドラマや映画に出演し、幅広い役をこなす山下リオが演じる。喫茶店のマスター・小林に、芸人、ミュージシャン、俳優、文筆家と幅広い分野で活躍するマキタスポーツが2人を支える。
さらに原作者の大橋裕之も登場。その他にも、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、中村達也、井口昇、土佐和成、希咲美羽の顔ぶれもそろい見逃せない。竹中監督は、「直感的にひらめいたキャスト!最高の共犯者たちが『平田さん』の世界を盛り上げます!!」とコメント。

「最強のキャストが集結しました!」 竹中直人監督ドラマ『平田さん』予告映像公開

映画『ゾッキ』でも監督を務めた山田孝之監督、齊藤工監督も、今回のドラマシリーズでも再度監督を務める。
山田孝之監督は、原作マンガ「ゾッキB」より、謎の見張り台から何かを監視する男の一時を切り取った作品、ドラマ「見張り台」、齊藤工監督は、原作マンガ「ゾッキC」より、郊外のホームセンターの中で想いが行きかう男と女の姿を描くドラマ「シーン1」を制作。

ドラマとあわせて、ドキュメンタリー・旅番組が連動している『∞ゾッキ シリーズ』。
ドキュメンタリーパートでは、ロケ地である蒲郡市、豊橋市、豊田市の地域連携で撮影し、“市民が主役“の製作の裏側を追ったドキュメンタリー『裏ゾッキ』続編や、旅番組パートでは、ロケ地域の魅力を紹介する「旅ゾッキ」の制作も決定している。

作品情報
「最強のキャストが集結しました!」 竹中直人監督ドラマ『平田さん』予告映像公開
ドラマ『∞ゾッキ 平田さん』

第1話 万引き 『平田さん!!駅前の本屋さんで万引きです!!』

喫茶店店員・メガネが頼りにしている、同僚の「平田さん」は、いつも眉に皺を寄せ、何か睨みつけている。二人が暮らすこの町は平和で、とてものどかで、優しい風が流れている。だがそれに紛れて町の人々は姑息である。「平田さん!!駅前の本屋さんで万引きです!!」平田さんがメガネに呼ばれて本屋に行くと、青年が ”つまらない” 漫画をトートバックに入れている。平田さんのローキックに、膝から崩れる青年。「数ある漫画の中で、よりによってなぜこんな駄作を‥‥」平田さんの正義感は、どこかずれている。ラーメン屋のテレビチャンネル争奪戦鎮火、画鋲がばらまかれる自転車パンク事件の解決‥‥。「平田さん、かっこいい!!」と影から見ていた瓶底眼鏡のメガネが、平田さんと時間を過ごしながら少しずつ《自分の思っていることが言える人》になっていく。

監督:竹中直人

原作:大橋裕之「ゾッキ A」「ゾッキ B」「ゾッキ C」(カンゼン刊)

出演:長井短 山下リオ マキタスポーツ 沖祐市 中村達也 井口昇 土佐和成 大橋裕之 希咲美羽

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹

©2022 and pictures, Inc

2022年4月24日(日)、5月1日(日)  BSデジタル放送「BSJapanext」放送
2022年7月 Amazon Prime Video他 配信

公式サイト mugen-zokki.jp