Jun 01, 2021 news

映画『1秒先の彼女』“ワンテンポ遅い”スローな彼の物語【本編映像公開】

A A

この度、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最多5部門(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)を受賞したチェン・ユーシュン監督最新作『1秒先の彼女』が6月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。人よりワンテンポ早い彼女と遅い彼による、“時間”をめぐる新たなラブストーリーの傑作として、すでに「今年ナンバー1!」「圧倒的な至福感に包まれる、最高に愛おしい映画!」と一足はやく本作を鑑賞した評論家たちが絶賛しており、映画ファンから大きな注目を集めている。


「慌てる必要はない」彼の視点で語られる“もうひとつの物語”

今回解禁された本編映像では、“消えたバレンタイン”の秘密を握るバス運転手グアタイの視点に移り、“ワンテンポ遅い”エピソードの数々が映し出される。

■今回解禁されたグアタイの物語

シャオチーとは対照的でいつも人より遅いグアタイ

ヒロイン・シャオチーとは反対に、かけっこではいつも出遅れ、じゃんけんは後出しばかり。そんな彼とは誰も一緒に遊んでくれないので、いつも大好きなカメラでひとり遊んでいた。職を転々としバスの運転手となったのは、制限速度は40キロで急がなくても大丈夫だからだ。「慌てる必要はない」と自分自身に言い聞かせる彼の日課は、郵便局へ通い、とある宛先へ手紙を出すこと。シャオチーが応対する窓口に呼ばれるため、必ず整理券番号を何枚も手にとるのには、ある理由があった――。

グアタイを演じたリウ・グァンティンは、「グアタイを演じる際のコツは、深呼吸して心を落ち着けること。日常の全ての動作を遅くするよう心掛けると、見落としていた些細な変化を感じることができてとても新鮮でした。現代の急いでいるサラリーマンに特におすすめしたい生き方です」と“ワンテンポ遅い”生き方の魅力を語った。

『1秒先の彼女』
映画『1秒先の彼女』

【作品情報】
監督・脚本:チェン・ユーシュン(『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』)
出演:リウ・グァンティン、リー・ペイユー、ダンカン・チョウ、ヘイ・ジャアジャア 
エグゼクティブ・プロデューサー:イェ・ルーフェン、リー・リエ
2020年/台湾/カラー/119分/中国語/シネスコ/英題:My Missing Valentine /原題:消失的情人節  
配給:ビターズ・エンド
©︎MandarinVision Co, Ltd

6月25日(金) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10