Nov 17, 2021 news

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉が“恋と破滅”に翻弄される衝撃の本予告映像が公開

A A

10代・20代を中心に圧倒的支持を受け、Amazonでは総合カテゴリでベストセラー1位を獲得した作家Fの小説「真夜中乙女戦争」。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描いた物語が、豪華キャスト・スタッフにより映画『真夜中乙女戦争』として映像化される。

公開された本予告映像では、「明日、東京が爆破されます」と衝撃的な内容を語りかける永瀬 廉演じる“私”の声から始まる。その後、場面は巻き戻り、大学に入学し退屈な日々を送る“私”の様子と、池田エライザ演じる“先輩”に出会う様子が描かれる。しかし、柄本佑演じる謎の男が「お前はなんで生きてるんだ?」と問いかけるとこれまでの雰囲気から一変。「真夜中乙女戦争」と名付けられた東京破壊計画によって“私”が翻弄されていく様子が畳みかけるように描かれる。

主題歌は史上最年少でグラミー賞主要4部門に加え7冠の快挙を成し遂げた世界的歌姫ビリー・アイリッシュのニュー・アルバムの表題曲「Happier Than Ever」に決定。ビリーのダークでありながら力強いエモーショナルな歌声と曲調が本作の世界観にマッチし、出演キャストの永瀬、池田、柄本の3名も主題歌決定を受けて「まさかビリー・アイリッシュさんが主題歌を歌う映画に、自分たちが出演することになるとは思ってもいなかった」と驚きと興奮を語っている。ビリー本人からのコメント映像では、「主人公の“私”を演じる廉さんと皆さんがこの楽曲を楽しんでくれることを願っています」と、今回のオファーを喜ぶ様子をみせた。

映画『真夜中乙女戦争』は、2022年1月21日(金)より全国公開。

作品情報
映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉が“恋と破滅”に翻弄される衝撃の本予告映像が公開
映画『真夜中乙女戦争』

4月。上京し東京で一人暮らしを始めた大学生の“私”。友達はいない。恋人もいない。大学の講義は恐ろしく退屈で、やりたいこともなりたいものもなく鬱屈とした日々の中、深夜のバイトの帰りにいつも東京タワーを眺めていた。そんな無気力なある日、「かくれんぼ同好会」で出会った凛々しく聡明な“先輩”と、突如として現れた謎の男“黒服”の存在によって、“私”の日常は一変。カリスマ的魅力を持つ“黒服”に導かれささやかな悪戯を仕掛けたり、“先輩”とも距離が近づき、思いがけず静かに煌めきだす“私”の日常。しかし、次第に“黒服”と孤独な同志たちの言動は激しさを増していき、“私”と“先輩”を巻き込んだ、壮大な破壊計画“真夜中乙女戦争”が秘密裏に動きだす。一方、一連の事件の首謀者を追う“先輩”は、“私”にも疑いの目を向けていた。“私”と“先輩”、“私”と“黒服”、分かり合えたはずだった二人の道は少しずつ乖離していき、3人の運命は思いもよらぬ方向へと走りだす。

脚本・監督:二宮 健

出演:永瀬 廉(King & Prince)、池田エライザ、柄本 佑

配給:KADOKAWA

©2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

2022年1月21日(金) 全国公開

公式サイト movies.kadokawa.co.jp/mayonakaotomesenso/