Dec 21, 2022 news

中島裕翔「ベルリンで会いましょう!」第73回ベルリン国際映画祭へ正式招待が決定! 映画『#マンホール』

A A

このたび、熊切和嘉(くまきりかずよし)監督による中島裕翔主演映画『#マンホール』が現地時間2月16日(木)~26日(日)に開催される第73回ベルリン国際映画祭にて、ベルリナーレ・スペシャル部門に正式招待されることが決定。

ベルリン国際映画祭は、カンヌ国際映画祭・ヴェネチア国際映画祭などと並んで世界三大映画祭に位置づけられており、1951年から続く歴史ある祭典。なかでもベルリナーレ・スペシャル部門では、エンタテインメント性や話題性、さらに多様性のある特別作品が選出される。

ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門での日本の劇映画の上映は、2016年の黒澤清監督『クリーピー偽りの隣人』以来7年ぶり。今回の正式招待にあたり、中島裕翔と熊切監督からコメントおよび熊切監督による中島へのサプライズ発表動画が公開された。

中島は「世界的に栄誉ある映画祭の一つであるベルリン映画祭に迎えて頂けるのはとても光栄です」と感無量。ベルリン映画祭の印象については、「世界中から豪華なキャスト、スタッフが一堂に会する、華やかなイベント。それぞれの映画を通して文化交流ができる素敵な機会だと思います」と話し、「この作品への世界からの反応がとても楽しみです。また一つ世界を学べる機会になると思うので、沢山の事を吸収したいです」とコメント。初参加となるベルリン国際映画祭に向けて期待に胸を膨らませた。

熊切監督は『鬼畜大宴会』(97)、『空の穴』(01)以来22年ぶりのベルリン国際映画祭となる。「『#マンホール』は思う存分ジャンル映画への愛を炸裂させた作品でして、それがまさかベルリンのような歴史ある映画祭に選んでいただけるとは、正直まだ狐につままれたような心境です。現地でどんな反応があるのか、楽しみ半分、怖くもありますが、何より“映画俳優・中島裕翔”が世界へ羽ばたく第一歩をともに踏み出せたことが嬉しくてなりません」と久しぶりのベルリン国際映画祭からの招待を喜んだ。映画祭には中島裕翔と熊切監督が出席し、レッドカーペットに登場する予定。

映画『#マンホール』は、2023年2月10日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

作品情報
中島裕翔「ベルリンで会いましょう!」第73回ベルリン国際映画祭へ正式招待が決定! 映画『#マンホール』
映画『#マンホール』

勤務先の不動産会社での営業成績はNo1。社長令嬢との結婚も決まり、将来を約束された男・川村。結婚式前夜に開 かれたサプライズパーティの帰り道、酩酊した彼はマンホールの底に落ちてしまう。深夜、穴の底で目を覚ました川村は、手元にある唯一の道具・スマートフォンを駆使し、GPSで居場所を探るが誤作動を起こしてしまう。警察や友人知人、果ては元カノにまで助けを求めるも状況は悪化の一途をたどるのだった。ついには SNS でアカウントを立ち上げ、フォロワーに助けを乞いながら脱出を試みるのだが‥‥。

監督:熊切和嘉

原案・脚本:岡田道尚

出演:中島裕翔、奈緒、永山絢斗 ほか

配給:ギャガ

© 2023 Gaga Corporation/J Storm Inc.

2023年2月10日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

公式サイト gaga.ne.jp/manhole

SHARE