Oct 27, 2021 news

ホラーの新次元を切り開く 映画『マリグナント 狂暴な悪夢』ジェームズ・ワン監督とキャストが作品を語る特別映像が公開

A A

『アクアマン』では世界中で大ヒットを記録し、今や映画界の大ヒットメーカーになったジェームズ・ワン監督が自ら書き下ろした待望の完全オリジナルストーリー映画『マリグナント 狂暴な悪夢』が、11月12日(金)より日本公開される。

ジェームズ・ワン監督は、『死霊館』ユニバース、『ソウ』シリーズの生みの親で、『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けるなど、誰もが潜在的に恐れている日常的な“恐怖”を増幅させながら、ホラーの定石をことごとく覆すことで全世界を震え上がらせてきたホラー界の異才。予想できない驚きと、未知の恐怖が記憶に残り続ける数々の傑作ホラーを生み出してきた監督は、ホラー映画で培った抜群のカメラワークと圧倒的なスピードと迫力で『ワイルド・スピード SKY MISSION』ではシリーズ史上最高興行収入を記録した。

ホラーの新次元を切り開く 映画『マリグナント 狂暴な悪夢』ジェームズ・ワン監督とキャストが作品を語る特別映像が公開

公開された特別映像でジェームズ・ワンは「大胆に、一か八かやってみるしかない。そうしないと、同じものをつくり続けることになる」と新たな挑戦への渇望を強く訴えかけている。革新的ホラー作品からブロックバスタームービー、現在公開中の『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』に至るまで様々な映画を手掛け、もはやハリウッドでその地位は確立されたと思われるが、その椅子に安住する気は微塵も見せない。彼の言葉からは常に新しいもの面白いものを追求していく強烈なクリエイター魂を伺い知ることが出来る。本作は、そんな彼がわざわざ「独創的な物語をつくることを非常に大切にした」と強く語るほど気合の入ったオリジナル作品。ただ新しいだけではなく、彼がキャリアの中で得た素晴らしい経験の全てを注ぎ込んだものであるということも語っており、本作に懸ける彼の情熱は尋常ではないことがわかる。

「ほんとにあった怖い話」や『リング0 バースデイ』を手掛けた、“Jホラーの先駆者”として数々の影響を与えてきた鶴田法男監督は「こんなホラーキャラを映像化できるのはジェームズ・ワン監督、あなただけだ!!」とコメント。声優の野水伊織は「これはクラシックホラーの皮を被った化け物級の作品」と語り、そのほかにも各界を代表するオピニオンから、本作が描く楽しく狂った恐怖に興奮と熱狂の声が続々と届いている。

監督自らが作品を評して、「この伝説的な物語をぜひ映画館で見てもらいたい」と語るほど圧倒的自信を見せる映画『マリグナント 狂暴な悪夢』は、11月12日(金)より日本公開。

作品情報
ホラーの新次元を切り開く 映画『マリグナント 狂暴な悪夢』ジェームズ・ワン監督とキャストが作品を語る特別映像が公開
映画『マリグナント 狂暴な悪夢』

主人公マディソンは、謎の殺人鬼が次々に人を襲う悪夢に悩まされる。殺人鬼は漆黒の姿でどこからともなく現れ、予測不能な素早い動きと超人的な能力で殺人を繰り返し、なす術なく犠牲者ばかりが増えていく。殺人が起きるたびに、マディソンはリアルな幻覚かのように凄惨な殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の隠された過去に導かれていくことに。そして、ついにその邪悪な手はマディソンの元へ。果たして、マディソンが見る悪夢の謎とは・・・。

製作/監督/原案:ジェームズ・ワン

出演:アナベル・ウォーリス ほか

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

2021年11月12日(金) 全国公開

公式サイト malignant.jp