Aug 16, 2022 news

『ゴーン・ガール』ロザムンド・パイク主演 ノーベル賞科学者の知られざる半生を描いた 映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』予告映像が公開

A A

『ゴーン・ガール』『パーフェクト・ケア』のゴールデングローブ賞女優であるロザムンド・パイクがキュリー夫人を演じる伝記ドラマ、映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』。類史上初ノーベル賞を2度受賞した天才科学者キュリー夫人の知られざる激動の半生を描く。監督を務めたのは、『ペルセポリス』のマルジャン・サトラピ。

この度、予告映像&ポスタービジュアルが公開された。

『ゴーン・ガール』ロザムンド・パイク主演 ノーベル賞科学者の知られざる半生を描いた 映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』予告映像が公開

予告映像は主人公のマリ・スクウォドフスカが将来の夫となるピエール・キュリーと出会うシーンから始まる。公私ともに親睦を重ねていく2人は、ある鉱石の中に未発見の元素を見つける。その後、マリは研究所を追い出されてしまう不遇に見舞われたが、懸命に研究を続け、原子が有限であることは間違いである事象を見つける。

彼女らの研究はノーベル賞受賞を果たすが、推薦状には夫の名前しか無かった。女性というだけで正当な評価を受けることが出来なかったマリ・キュリー。様々な困難が待ち受ける中、彼女はどのような人生を歩んだのだろうか。

ポスタービジュアルは、ロザムンド・パイクが演じるマリ・キュリーを中心に、夫や娘など、彼女の人生に深く関わった人物が横に連ねている。愛する人々との交流と、並々ならぬ研究への情熱が伝わってくる。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』は、10月14日(金)よりkino cinéma横浜みなとみらい ほか全国公開。

作品情報
『ゴーン・ガール』ロザムンド・パイク主演 ノーベル賞科学者の知られざる半生を描いた 映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』予告映像が公開
映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』

19世紀、パリ。ポーランド出身の若き女性研究者マリ・スクウォドフスカは、ソルボンヌ大学から性差別を受け、ろくに研究の機会を与えられないでいた。そんな中、同僚の科学者ピエール・キュリーと運命的な出会いを果たした彼女は、結婚してキュリー夫人となる。彼の支援で研究に没頭した彼女は、ラジウムとポロニウムという新しい元素を発見したことから夫婦でノーベル賞を受賞する。科学界を席巻するが、ふたりの幸せは長続きせず、夫は不慮の事故死を遂げてしまう‥‥。さらに、彼女が発見したラジウムは癌細胞の治療に役立つ一方、核兵器としても利用されるようになり、彼女の苦悩は深まっていくのだった。

監督:マルジャン・サトラピ

出演:ロザムンド・パイク、サム・ライリー、アナイリン・バーナード、アニャ・テイラー=ジョイ

配給:キノフィルムズ

© 2019 STUDIOCANAL S.A.S AND AMAZON CONTENT SERVICES LLC

2022年10月14日(金) kino cinéma横浜みなとみらい ほか全国公開

公式サイト movie.kinocinema.jp/works/radioactive