Oct 03, 2022 news

「僕は42人を“救いました”」連続殺人犯と検事がお互いの正義をかけて対決 映画『ロストケア』

A A

松山ケンイチ、長澤まさみ初共演。連続殺人犯と検事が対峙し、なぜ彼が殺人を犯したのかに迫る社会派エンターテイメント、映画『ロストケア』が2023年3月に全国公開決定。

主人公の心優しい介護士・斯波宗典を演じたのは大河ドラマの主演をはじめ、映画、ドラマと数々の話題作に出演する演技派俳優、松山ケンイチ。また斯波と対峙する検事・大友秀美を演じたのは日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、人気と実力を兼ね備えた俳優、長澤まさみ。

この度、特報映像が公開された。主題歌である森山直太朗の新曲「さもありなん」も同時解禁。

「僕は42人を“救いました”‥‥」そう語るのは、介護士でありながら42人を殺害した連続殺人犯・斯波宗典(松山ケンイチ)。相対するは、連続殺人犯を裁くため立証する検事・大友秀美(長澤まさみ)。自分のしたことを「殺人」ではなく「救い」だと主張する斯波は白髪でただならぬ過去をもつような佇まいとその信念をもった真っ直ぐな目つきで大友に言葉を浴びせる。大友は斯波の一つ一つの言葉に押されながらも正義を貫き通すため反発する証人尋問シーン。

そして、本作の主題歌は聴く人の心に残る数々の名曲を生む森山直太朗が担当する。本作のために書き下ろされた新曲「さもありなん」はアコースティックギターのやさしく、繊細な音色が印象的なバラード。本作にどのようにしてマッチしていくのか。

「僕は42人を“救いました”」連続殺人犯と検事がお互いの正義をかけて対決 映画『ロストケア』

【コメント】

■森山直太朗
前⽥監督からお話をいただき「さもありなん」という曲ができました。 介護という⼀つのテーマでも⽣きている⼈の数だけ無数の問題と途⽅もない答えがあって、何が善で悪なのかはそれぞれ倫理観、置かれている⽴場によって異なります。 ⼤切なのはその「異なり」を寄り添い⾒守ること。是か⾮か、ありか無しかを問い合うより無意識の視点で相⼿の想いを感じること。「さもありなん」はそんな普遍の優しさから⽣まれた⼀曲です。泡と化す宇宙の⾔葉。境のない世界になることを願いながら。

■前田哲
森山直太朗さんに、映画のイメージを掴んでもらうため編集前の一部の映像をご覧いただきました。森山さんは映画のテーマを深いところで感じとられ、私が思い描いていたものからさらに飛躍させた素晴らしいアイデアを提案してくれました。森山さんが映画と真摯に向き合ってくださった結果。映画を大きく包み込んでくれた、真の意味での映画主題歌を作ってくれました。
私は初めて聴いた時の、心にゆっくりと沁みていき魂が解き放たれる感覚を一生忘れません。森山さんに出会えたことは、映画にとっては必然であり、私にとっては感謝とともに貴重な同志を得た気持ちです。ありがとうございました。

作品情報
「僕は42人を“救いました”」連続殺人犯と検事がお互いの正義をかけて対決 映画『ロストケア』
映画『ロストケア』

早朝の民家で老人と介護士の死体が発見された。捜査線上に浮かんだのは死んだ介護士と同じ訪問介護センターに勤める斯波宗典。彼は献身的な介護士として介護家族に慕われる心優しい青年だった。検事の大友秀美は斯波が務める訪問介護センターで老人の死亡率が異常に高いことを突き止める。この介護センターでいったい何が起きているのか?大友は真実を明らかにするべく斯波と対峙する。「私は救いました。」斯波は自分がしたことは「殺人」ではなく「救い」だと主張する。斯波の言う「救い」とは一体何なのか。なぜ、心優しい青年が未曽有の連続殺人事件を起こしたのか。斯波の揺るぎない信念に向き合い、真相に迫る時、大友の心も激しく揺さぶられる。真の正義とは、本当の幸せとは、を深く考えさせられる慟哭のヒューマンサスペンス。

監督:前田哲

原作:「ロスト・ケア」葉真中顕 著 / 光文社文庫 刊

出演:松山ケンイチ、長澤まさみ、鈴鹿央士、坂井真紀、戸田菜穂、峯村リエ、加藤菜津、やす(ずん)、岩谷健司、井上肇、綾戸智恵、梶原善、藤田弓子 / 柄本明

配給:日活 東京テアトル

©2023「ロストケア」製作委員会

2023年3月 全国公開

公式サイト lost-care.com