Nov 04, 2021 news

アニャ・テイラー=ジョイが美声を披露!映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ミュージックビデオ&イラストポスターが公開

A A

今、最も新作を待たれる監督のひとり『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督4年ぶりの最新作、映画『ラストナイト・イン・ソーホー』が12月10日(金)より全国公開される。

本作の注目キャストは『ジョジョ・ラビット』で脚光を集め、M・ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』にも出演する新鋭トーマシン・マッケンジー、そしてNETFLIXオリジナルシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」でゴールデングローブ賞ミニシリーズ/テレビムービー部門の主演女優賞を受賞した最注目の若手女優アニャ・テイラー=ジョイが名を連ね、映画ファンが熱視線を送る2大最旬女優の競演が実現した。

トーマシンとアニャは、ロンドンの異なる時代に存在する二人の若い女性を演じる。彼女たちはある恐ろしい出来事によって、それぞれが抱く“夢”と“恐怖”がシンクロしていく。同じ場所で異なる時代を生きる二人が出会ったとき、果たして彼女たちに何が起きるのか。

アニャ・テイラー=ジョイが美声を披露!映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ミュージックビデオ&イラストポスターが公開

この度、ディオールアンバサダーの就任や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の前日譚映画『Furiosa(原題)』への出演決定など、話題に事欠かない活躍ぶりをみせるアニャ・テイラー=ジョイ本人が歌うミュージックビデオ映像が公開された。ミュージックビデオでは、劇中で印象的な60年代の楽曲のひとつペトゥラ・クラークの「恋のダウンタウン」をアニャ・テイラー=ジョイが歌い上げている。

あわせてイラストポスターも公開。二人の相反する少女たちのテーマカラーはそのままに水彩画のようなタッチで、ネオンとはまた異なる味わい深い仕上がりになっている。

アニャ・テイラー=ジョイが美声を披露!映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ミュージックビデオ&イラストポスターが公開

先週末、ついに全米公開を迎えた本作。ホラーの帝王スティーブン・キングは「この作品は特別」「捻りの効いたタイムトラベル」とtwitterで投稿。その他、タイカ・ワイティティ(『ジョジョ・ラビット』監督)、リチャード・カーティス(『アバウト・タイム』監督)、グラミー賞歌手のベック等もLAプレミアに参加し大絶賛が止まらない。批評家たちの熱狂的支持を集めており今後の動きにも期待が寄せられている。

エドガー・ライト監督が60年代ロンドンとホラー映画への愛を込めて贈るタイムリープ・サイコ・ホラー映画『ラストナイト・イン・ソーホー』は12月10日(金)より全国公開。

作品情報
アニャ・テイラー=ジョイが美声を披露!映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ミュージックビデオ&イラストポスターが公開
映画『ラストナイト・イン・ソーホー』

ファッションデザイナーを夢見るエロイーズは、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学する。しかし同級生たちとの寮生活に馴染めず、街の片隅で一人暮らしを始めることに。新居のアパートで眠りにつくと、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見る魅惑的なサンディに出会うと、身体も感覚も彼女とシンクロしていく。夢の中の体験が現実にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズは、タイムリープを繰り返すようになる。だがある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が現れ、徐々に精神を蝕まれるエロイーズ。果たして、殺人鬼は一体誰なのか、そして亡霊の目的とは?

監督:エドガー・ライト

出演:トーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイ、マット・スミス、テレンス・スタンプ、マイケル・アジャオ ほか

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

2021年12月10日(金) TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほかにて全国公開

公式サイト LNIS.JP