Oct 15, 2021 news

『ベイビー・ドライバー』の監督最新作 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』夢と恐怖がシンクロする魅惑的な予告映像が公開

A A

今、最も新作を待たれる監督のひとり『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督4年ぶりの最新作、映画『ラストナイト・イン・ソーホー』が12月10日(金)より全国公開される。

この度、魅惑的な予告映像が公開された。ファッション・デザイナーになることを夢見るエロイーズは、新生活の期待を胸に大都会ロンドンのソーホーへやってくる。しかし、デザイン学校に入学するも、60年代に憧れを持つ彼女は同世代の周囲とはうまく馴染めずにいた。寮を飛び出し、一人暮らしをスタート。お気に入りのレコードをかけ、ひとり眠りにつくと、エロイーズは夢の中へ。通りを抜けて辿りついた先には、60年代のソーホーの街に佇むクラブ「カフェ・ド・パリ」。足を踏み入れると、鏡越しにひとりの女性、魅惑的な雰囲気をまとうサンディを見つける。サンディと出会ってから、エロイーズの生活は一転。夜毎、彼女を追いかけ覗き込むうちに、「これは夢じゃない」と思い始める。そして、彼女たちは《ある恐ろしい出来事》によって、それぞれが抱く“夢”と“恐怖”がシンクロしていく。ふたりの少女を待ち受けるものは何なのか、現実なのか、覚めることのない夢か。60年代の名曲と共に彩られるめくるめく展開に目が離せない映像となっている。

本作の注目キャストは『ジョジョ・ラビット』で脚光を集め、M・ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』にも出演する新鋭トーマシン・マッケンジー、そしてNETFLIXオリジナルシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」でゴールデングローブ賞ミニシリーズ/テレビムービー部門の主演女優賞を受賞した最注目の若手女優アニャ・テイラー=ジョイが名を連ね、映画ファンが熱視線を送る2大最旬女優の競演が実現した。

公開されたビジュアルでは、彼女たちのほか、それぞれの時代で出会う男たちも映し出される。ネオンがあやしく光り輝くロンドン・ソーホーの街に溶け込み、まっすぐこちらを見つめる姿が印象的な一枚。

『ベイビー・ドライバー』の監督最新作 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』夢と恐怖がシンクロする魅惑的な予告映像が公開

先にお披露目となった国際映画祭ではベネチアを皮切りにトロントでも上映。「今年最高の音楽映画」「エドガー・ライトらしさを残しながらも全く新しい」「今後10年間で最高のロンドン映画」など大絶賛の声が上がっている。

エドガー・ライト監督が60年代ロンドンとホラー映画への愛を込めて贈る映画『ラストナイト・イン・ソーホー』は12月10日(金)よりTOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほかにて全国公開。

作品情報
『ベイビー・ドライバー』の監督最新作 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』夢と恐怖がシンクロする魅惑的な予告映像が公開
映画『ラストナイト・イン・ソーホー』

ファッションデザイナーを夢見るエロイーズは、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学する。しかし同級生たちとの寮生活に馴染めず、街の片隅で一人暮らしを始めることに。新居のアパートで眠りにつくと、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見る魅惑的なサンディに出会うと、身体も感覚も彼女とシンクロしていく。夢の中の体験が現実にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズは、タイムリープを繰り返すようになる。だがある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が現れ、徐々に精神を蝕まれるエロイーズ。果たして、殺人鬼は一体誰なのか、そして亡霊の目的とは?

監督:エドガー・ライト

出演:トーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイ、マット・スミス、テレンス・スタンプ、マイケル・アジャオ ほか

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

2021年12月10日(金) TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほかにて全国公開

公式サイト: LNIS.JP