Feb 09, 2022 news

声優は佐竹桃華と木村佳乃に決定!映画『私ときどきレッサーパンダ』日本版予告映像が公開

A A

ディズニー公式動画配信サービス Disney+にて独占配信されるディズニー&ピクサーの最新作、映画『私ときどきレッサーパンダ』。

この度、日本版本予告映像が公開。あわせて日本版声優が公開された。

主人公のときどきレッサーパンダになってしまう女の子・メイ役の日本版声優に抜擢されたのは、2020年にホリプロタレントスカウトキャラバンを経てデビューを果たし、ドラマや舞台、バラエティで活躍する注目の若手女優・佐竹桃華。そして、メイを愛するがあまり過保護になってしまう母親・ミン役には、ドラマ、映画で数々の話題作に出演する女優・木村佳乃が決定。2人は、US本社のオーディションを経て、見事ディズニーの日本版声優の座を射止めた。

佐竹は決定の知らせを聞き、「嬉しさと驚きのあまり鼻血が出ちゃいました。まさか!と、叫んで泣いて鼻血出しての大興奮でした(笑)」と驚きのあまりパニックになったことを明かす。隣で話を聞いていた木村は、劇中でレッサーパンダになってしまったメイと佐竹を重ね、「まさにメイそのままだね」と一緒に笑い、まるで本当の母娘のような2人。そんな木村は「2人の娘がいるので、非常に共感しやすい役を頂けたなと思い、嬉しかったです」と喜びを語り、さらに「手を差し伸べすぎないことも大事だなと、私自身勉強になりました」とメイを大事にするがあまり過保護になり、本当の想いがすれ違ってしまうミンの葛藤から学んだようだった。佐竹も「メイちゃんは、お母さんのために頑張っちゃうところがあるんです。私も自分の活躍でお母さんが喜んでくれるのを分かっているからこそ頑張ってしまうので、すごく共感しました」とメイに共感したことを教えてくれた。 

声優初挑戦の佐竹は「“初挑戦だからなんて言ってられないぞ!”というプレッシャーを感じましたが、スタッフのみなさんが本当に優しくて、的確なアドバイスをしてくださるので、リラックスしてアフレコに挑むことができました」と振り返る。一方、木村は、実写作品とアニメーションの違いを感じたようで「表情の変わり方が実写より100倍速かったです。すごい表情が豊かなので、それに負けないような声を出したり、普段のお芝居では使わないような声色を使いました」とアフレコの苦労話を語ってくれた。 

本作でメイを通して描かれるのは、<本当の自分らしさとは?>と人生で誰もが一度は悩むテーマ。作品について佐竹は「自分の好きな面も嫌いな面もあるけれど、全部ひっくるめて自分なんだよということを感じ、前向きな気持ちになってもらえたらいいなと思います」と自分を好きになるための後押しとなるメッセージが込められていると語る。木村も「どの世代の方にも喜んでいただけて、明るい気持ちになっていただける作品ですので、何度も観ていただけると嬉しいです」と作品に対しての自信をみせている。

声優は佐竹桃華と木村佳乃に決定!映画『私ときどきレッサーパンダ』日本版予告映像が公開

 映画『私ときどきレッサーパンダ』は3月11日(金)よりディズニープラスにて見放題で独占配信開始。

作品情報
声優は佐竹桃華と木村佳乃に決定!映画『私ときどきレッサーパンダ』日本版予告映像が公開
映画『私ときどきレッサーパンダ』

母親の前ではいつも“マジメで頑張り屋”のメイ。実はアイドルや流行りの音楽も大好きで、恋をしたり、友達とハメを外して遊んだり、やりたいことがたくさんある。そんな彼女は、ある出来事をきっかけに本当の自分を見失い、感情をコントロールできなくなってしまう。悩み込んだまま眠りについたメイが翌朝に目を覚ますと、なんとレッサーパンダの姿に。なぜメイはレッサーパンダになってしまうのか?そこに隠されたメイも知らない驚きの秘密とは。ありのままの自分を受け入れてくれる友人。メイを愛しているのに、その思いがうまく伝わらずお互いの心がすれ違う母親。様々な人との関係を通してメイが見つけた、本当の自分とは。

監督:ドミー・シー

日本版声優:佐竹桃華、木村佳乃ほか

©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 

2022年3月11日(金) ディズニープラスにて見放題で独占配信開始