Nov 30, 2022 news

“史上最悪の出会い”が運命を大きく動かす!一触即発の本ビジュアル解禁 映画『レジェンド&バタフライ』

A A

東映70周年記念を冠し、日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結して製作された映画『レジェンド&バタフライ』。総製作費20億円の壮大なスケールで、誰もが知る日本史上のレジェンド:織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名:帰蝶)の知られざる物語を描く感動超大作。

主人公・織田信長役を演じるのは木村拓哉。信長の正室・濃姫役を綾瀬はるかが務める。脚本には古沢良太、監督には大友啓史という日本映画界を牽引するスタッフたちが名を連ね、共演キャストに宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、斎藤工、北大路欣也、伊藤英明、中谷美紀といった名だたる俳優陣も顔を揃えている。

この度、“政略結婚”という最悪の出会いを果たした信長と濃姫の関係性を強烈に描いた、一触即発の本ビジュアルが解禁された。

木村拓哉演じる織田信長と綾瀬はるか演じる信長の妻・濃姫が、至近距離で睨み合う本ビジュアル。交差する視線から、この2人がいわゆる“夫婦”という簡単な言葉で表現できない関係性であったことを強烈に感じさせる。インパクト抜群のビジュアルと共に「運命が、動き出す――。」という印象的な言葉が添えられ、果たしてこの2人がどのような生涯をたどるのか、壮大な物語を期待させる。

本ビジュアルで表現されている通り、信長と濃姫の出会いは、緊張感あふれる“最悪”なものだった。敵対関係だった尾張と美濃は1549年に和議を結び、2人は政略結婚をする。しかし、尾張の“大うつけ”と呼ばれる織田信長は濃姫を尊大な態度で迎え、“マムシの娘”と呼ばれる濃姫もまた、隙あらば信長の寝首をかき、国を乗っ取ろうと目論んでいた。まさに一触即発の2人は、現代の夫婦像からはまるで考えることのできない関係であった。

そんな2人はいかにして戦国の世を駆け上がり、天下統一への道を突き進んだのか。そしてどのような思いを胸に本能寺へと向かったのか。あまりにもドラマチックで壮絶な2人の人生。

11月6日に本作への出演をきっかけに木村拓哉、伊藤英明が役に扮して登場した“ぎふ信長まつり”も大盛況を迎え、本作への期待はますます高まっている。映画『レジェンド&バタフライ』は、2023年1月27日(金)より全国公開。

作品情報
“史上最悪の出会い”が運命を大きく動かす!一触即発の本ビジュアル解禁 映画『レジェンド&バタフライ』
映画『レジェンド&バタフライ』

“織田信長と濃姫”――激動の時代を生き抜いた“男と女”、その30年の軌跡。戦国時代、天下から“魔王”として恐れられた織田信長。歴史に燦然と輝くその武将としての歩みは多くの日本人が知る事実だが、一体どうしてそこまで激しく、非情に日本を制圧していくことができたのだろうか?その裏には、信長とその妻、濃姫との2人の物語があった。

監督:大友啓史

脚本:古沢良太

出演:木村拓哉、綾瀬はるか、宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、斎藤工、北大路欣也、伊藤英明、中谷美紀

配給:東映

©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

2023年1月27日(金) 全国公開

公式サイト legend-butterfly.com

SHARE