Dec 09, 2022 news

「香港アクション」の真髄ここにあり!30本強の映画作品と共に、スタントマンたちの真の姿を描く 映画『カンフースタントマン 龍虎武師』

A A

香港映画が世界に誇るジャンルがアクション映画。1970年代~90年代にかけて作られた香港映画は、カンフーアクションから警察アクション、香港ノワール、そして時代劇アクションと、プログラムピクチャーとして作られた数多くの作品は、世界に大きな影響を与えてきた。

しかしそういった作品を作るにあたり、核となるアクションを支えたのが、スタントマンたち。時には裏方として危険なシーンも命を顧みずに挑み、またある時には俳優として主役たちに絡む。そんな香港映画を支えたスタントマン(武師と呼ばれる)たちの真の姿を描く、映画『カンフースタントマン 龍虎武師』。

この度、日本版予告映像が公開された。

日本版予告映像では、『燃えよドラゴン』でブルース・リーのスタントダブルを演じていることで有名な、サモ・ハンのスタントチームで武術指導、俳優として活躍したユン・ワーの掛け声ともに、『ファースト・ミッション』のクライマックスの爆破シーンから始まり、ジャッキー・チェン作品でバイプレイヤーとして活躍したマース、世界のアクションスターとして活躍中のドニー・イェン、香港映画界の重鎮でもあるサモ・ハン、そしてヒットメイカーであるツイ・ハーク監督等、香港映画人たちのコメントに、『ドラゴン怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』『ドラゴンロード』『プロジェクトA』『イースタン・コンドル』他、香港映画の危険なアクションシーンが散りばめられている。

映画本編では数多くの香港映画人の証言、30本強に渡る映画作品のシーンが使用され、そして香港アクションに携わる人たちの現在も描かれており、まさに香港アクション映画の歴史を知る貴重な作品となっている。

「香港アクション」の真髄ここにあり!30本強の映画作品と共に、スタントマンたちの真の姿を描く 映画『カンフースタントマン 龍虎武師』

映画『カンフースタントマン 龍虎武師』は、2023年1月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開。

作品情報
「香港アクション」の真髄ここにあり!30本強の映画作品と共に、スタントマンたちの真の姿を描く 映画『カンフースタントマン 龍虎武師』
映画『カンフースタントマン 龍虎武師』

香港映画が世界に誇るジャンルがアクション映画。作品を作るにあたり、核となるアクションを支えたのが、スタントマンたち。時には裏方として危険なシーンも命を顧みずに挑み、またある時には俳優として主役たちに絡む。そんな香港映画を支えたスタントマン(武師と呼ばれる)たちの真の姿を描く

監督:ウェイ・ジュンツー

出演:サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ユン・ワー、チン・カーロッ、ブルース・リャン、マース、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、トン・ワイ、ウー・スーユエン ほか

アーカイブ出演:ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ラウ・カーリョン、ラム・チェンイン

参考映画:『ドラゴン危機一発』 『ドラゴン怒りの鉄拳』 『ドラゴンへの道』 『Mr.Boo!ミスター・ブー』『少林寺怒りの鉄拳』『スネーキーモンキー蛇拳』『ドランクモンキー酔拳』『ドラゴンロード』 『プロジェクトA』 『ポリス・ストーリー/香港国際警察』 『ファースト・ミッション』 『五福星』『大福星』 『冒険活劇/上海エクスプレス』 『イースタン・コンドル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアンモンキー』『導火線FLASH POINT』 ほか

配給:アルバトロス・フィルム

©ACME Image (Beijing) Film Cultural Co., Ltd

2023年1月6日(金)より新宿武蔵野館 全国公開

公式サイト kungfu-stuntman.com