Nov 07, 2022 news

岸井ゆきの「これは自分自身との戦いなんだ」 初のボクサー役に猛特訓を重ねたトレーニング姿 映画『ケイコ 目を澄ませて』

A A

第72回ベルリン国際映画祭エンカウンターズ部門に出品され、世界が熱視線を送る三宅唱監督の最新作、映画『ケイコ 目を澄ませて』。ゴングの音もセコンドの指示もレフリーの声も聞こえない中、じっと〈目を澄ませて〉闘うケイコの姿を、秀でた才能を持つ主人公としてではなく、不安や迷い、喜びや情熱など様々な感情の間で揺れ動きながらも一歩ずつ確実に歩みを進める等身大の一人の女性として描き、彼女の心のざわめきを16mmフィルムに焼き付けた。

主人公・ケイコを演じた岸井ゆきのが初のボクサー役に向け猛特訓を重ねたトレーニング映像が公開された。

今回岸井が演じたのは、聴覚障害と向き合いながら実際にプロボクサーとして活躍していた小笠原恵子 氏をモデルにした主人公“ケイコ”。キックボクシングの経験はあったものの、今回ボクシングにはじめて挑戦するにあたり、まずはアトム級(女子の最軽量の階級)に体重が届かなかったため筋肉をつけながら増量することからスタート。
当初はたとえボクシングであっても人を殴るということに対して、なかなか前向きになれなかったという岸井。しかし、日々練習を重ねていくうちに「これは自分自身との戦いなんだと気付き、意識が変わった」と語る。そこからは「とにかく強くなりたい」という一心で、ひたすら猛特訓を重ねた。

クランクインまでの3ヵ月間、みっちりボクシング指導を行ってくれたのは劇中でもトレーナー役として登場する松浦慎一郎。さらに、三宅唱監督も岸井と一緒にトレーニングに挑み、撮影前からチーム一丸となり、文字通り体当たりで“ケイコ”を作り上げ信頼関係を築いていった。タッチマスという本気で戦うのではない試合形式の練習時には、監督が体格差を気にしてガードに徹していると、岸井から「なんでパンチを打ってこないんですか?もっと本気でぶつかってきてください」とまっすぐに指摘を受けたという。

トレーニング映像には、監督と岸井のタッチマスの様子、また松浦とのスピード感あふれるミット打ちの様子がおさめられている。岸井の真剣なまなざしに、役にかける本気さが伝わってくる。

さらに、リングサイドで撮影にあたって初めて台本を読んだときの感想を語るコメント映像もあわせて解禁に。はじめてのボクシング、はじめての手話の挑戦に不安もあったようだが、撮影前から監督がともに練習に取り組んでくれたことで言葉を交す以上に同じ思いを共有することができたと言い、2人の間で多くを語らなくとも理解できる関係性が築けたという。最終的には「とにかく信じてください!」という前向きな気持ちになれたと撮影を振り返った。

2月に開催されたベルリン国際映画祭でプレミア上映されると「すべての瞬間が心に響く」「間違いなく一見の価値あり」と熱い賛辞が次々に贈られ、その後も数多くの国際映画祭での上映が続いている。岸井ゆきの の他、ケイコの実直さを誰よりも認め見守るジムの会長に、日本映画界を牽引する三浦友和。その他、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、中島ひろ子、仙道敦子など実力派キャストが脇を固める。

ケイコの心の迷いやひたむきさ、そして美しさ。全てを内包した彼女の瞳を見つめているうちに、自然と涙が込み上げてくる‥‥。映画『ケイコ 目を澄ませて』は、12月16日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開。

作品情報
岸井ゆきの「これは自分自身との戦いなんだ」 初のボクサー役に猛特訓を重ねたトレーニング姿 映画『ケイコ 目を澄ませて』
映画『ケイコ 目を澄ませて』

嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障害で、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書き留めた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す。

監督:三宅唱

原案:小笠原恵子「負けないで!」(創出版)

出演:岸井ゆきの、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、中原ナナ、足立智充、清水優、丈太郎、安光隆太郎、渡辺真起子、中村優子、中島ひろ子、仙道敦子 / 三浦友和

配給・ハピネットファントム・スタジオ

©2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

2022年12月16日(金) テアトル新宿ほかにて全国公開

公式サイト happinet-phantom.com/keiko-movie/

SHARE