Dec 20, 2021 news

ジャンプフェスタ2022のステージで『劇場版 呪術廻戦 0』公開直前PV映像が公開

A A

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中、12月25日発売の18巻でシリーズ累計発行部数6000万部を突破する大人気コミック「呪術廻戦」(芥見下々・著)。それを原作としたTVアニメシリーズは、MBS/TBS深夜アニメ枠歴代1位の視聴率を獲得、今なお原作・アニメ共に一大ムーブメントを起こし続けている「呪術廻戦」初の映画化となる、『劇場版 呪術廻戦 0』。

昨日、ジャンプフェスタ2022 スーパーステージの「呪術廻戦」ステージに、劇場版の主人公・乙骨憂太役の緒方恵美、乙骨の幼馴染で彼に憑りつく特級過呪怨霊・祈本里香役の花澤香菜、TVアニメでは頼れる2年生として登場、今作では乙骨の同級生となる呪具使い・禪院真希役の小松未可子、そしてTVアニメの主人公・虎杖悠仁役の榎木淳弥が登壇。公開直前PV映像が公開された。

King Gnuが奏でる疾走感あふれる主題歌「一途」に乗せて、呪具を操り呪霊と戦う真希、呪言に加え体術でも魅せる棘、ゴリラモードで夏油と戦うパンダ、圧倒的なスピードでミゲルとぶつかる五条、夏油を迎え撃つ乙骨&里香など、アクションシーン満載の映像となっており、更には今まで明かされてこなかった花澤演じる怨霊・里香の声も初解禁された。

ステージでは、榎木と小松がMCとなり、好きなキャラクターの発表や、TVアニメシリーズの振り返り、初解禁となる劇場版のアフレコ秘話を語ると、盛大な拍手が巻き起こるなど、会場は大いに盛り上がった。今回が「呪術廻戦」初のイベント参加となる緒方と花澤は、初めて見るファンの反応に感動した様子を見せた。

ジャンプフェスタ2022のステージで『劇場版 呪術廻戦 0』公開直前PV映像が公開

緒方は「とにかくスタッフのみなさん、キャストのみなさんのおかげで凄い映像に仕上がった。色んな意味で楽しんでいただけると思う」とコメント。花澤は「“これはご褒美だぞ”と思うくらい素敵なフィルム」、小松は「本当に瞬きできないくらいアクションシーンも満載。原作にはなかったオリジナルシーンもあるので、そこも楽しみにしていただけたら嬉しい」と語り、榎木は「作画は勿論ですが、演技の方もみんなの気合が凄く伝わってくるし、必ず皆さんの期待を上回る」と本作への自信を語った。

『劇場版 呪術廻戦 0』は、2021年12月24日(金)より全国公開。

作品情報
ジャンプフェスタ2022のステージで『劇場版 呪術廻戦 0』公開直前PV映像が公開
『劇場版 呪術廻戦 0』

幼少のころ、幼なじみの祈本里香を交通事故により目の前で失った乙骨憂太。「約束だよ 里香と憂太は大人になったら結婚するの」怨霊と化した里香の呪いに苦しみ、自身の死を望む乙骨だったが、最強の呪術師・五条 悟によって、呪術高専に迎え入れられた。そして、同級生の禪院真希・狗巻 棘・パンダと出会い、乙骨はある決意をする。「生きてていいって自信が欲しいんだ」「僕は呪術高専で里香ちゃんの呪いを解きます」一方、乙骨たちの前にかつて一般人を大量虐殺し高専を追放された最悪の呪詛師・夏油 傑が現れる。「来たる12月24日 我々は百鬼夜行を行う」呪術師だけの楽園を標榜する夏油は、非術師を殲滅させんと、ついに新宿・京都に千の呪いを放ち――果たして、乙骨は夏油を止められるのか、そして、里香の解呪の行方は‥‥。

監督:朴性厚

原作:「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」芥見下々(集英社 ジャンプ コミックス刊)

声優:緒方恵美、花澤香菜、小松未可子、内山昂輝、関智一、中村悠一、櫻井孝宏

制作:MAPPA

配給:東宝

© 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 ©芥見下々/集英社

2021年12月24日(金) 全国公開

公式サイト jujutsukaisen-movie.jp