Feb 22, 2022 news

主演 阿部サダヲ×水田伸生監督 “ちょっと迷惑な男”の奇跡の物語 映画『アイ・アム まきもと』公開日決定

A A

第70回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で監督賞を含む4賞を受賞したウベルト・パゾリーニ監督・脚本の“STILL LIFE”をベースに、オリジナルの新たな主人公像として、阿部サダヲ演じる強烈にユニークでオフビートなコミカルさが魅力のキャラクター“まきもと”に生まれ変わった、映画『アイ・アム まきもと』の公開が2022年9月に決定。

市役所の「おみおくり係」に務める“”ちょっと迷惑な男〉牧本壮。空気が読めない、人の話を聞かない、誰にも心を開かない。そんな牧本が孤独に亡くなった人を独自のルールに従いおみおくりしていく中、様々な人々と出会い、少し煙たがられながらも彼らの心に変化をもたらしていく。そしてそんな人々とふれ合う中で、牧本自身の無味な人生も彩られていく。牧本の”迷惑”がいつしか”無垢な気持ち”として、周囲と自らに影響を与えていくヒューマンストーリー。

監督は『舞妓Haaaan!!!』(07)、『謝罪の王様』(13)、『あやしい彼女』(16)などの映画や、TVドラマ「ゆとりですがなにか」、「獣になれない私たち」等の話題作を手掛けてきた水田伸生。現代の日常に潜むリアルな問題をシニカルかつユーモラスに表現することに定評があり、本作でも身近にある普遍的なテーマを笑って泣けるエンターテインメントへと昇華させている。脚本は、岸田國士戯曲賞受賞の劇作家であり、昨今はNHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」など映像作品に活躍の場を広げている倉持裕が担当。皮肉が効いていてユーモアに富んだセリフと登場人物への優しい眼差しが同居する、ファンタジックな物語を丁寧に紡ぎ上げる。

主人公・牧本壮役は、水田監督が手掛けてきた『舞妓Haaaan!!!』(07)、『なくもんか』(09)、『謝罪の王様』(13)に続き、今回4度目のタッグとなる阿部サダヲ。身寄りがなく亡くなった方を無縁墓地に弔う、小さな市役所の「おみおくり係」という役どころを超然としたたたずまいで演じる。これまで、唯一無二の存在感を放ち、シリアスな役から振り切ったコミカルな役柄まで幅広く演じてきたが、本作ではユニークな言動と行動でちょっと迷惑な存在でありながら、なぜか応援したくなる牧本を好演している。

主演 阿部サダヲ×水田伸生監督 “ちょっと迷惑な男”の奇跡の物語 映画『アイ・アム まきもと』公開日決定

阿部は本作に関し「台本を読んでとっても温かい気持ちになりました。おみおくり係の牧本壮という、なんとも愛おしいキャラクター。もう少し長く牧本をやっていたかったなぁ、と思いつつ撮影を終えたのを覚えています。牧本に関わる素敵なキャストの方々とロケ地(山形)の風景。久しぶりの水田組。癒されました。ご覧になるお客様に、牧本壮の真っ直ぐ過ぎて少し迷惑かも?と思える生き様を観て、和んで頂きたいです。」とコメント。

監督の水田も阿部演じる牧本の魅力を「主人公“まきもと”に友人はいませんが、他者を憂うことが出来、その気持ちを行動に移せる人間なのです。経済が幸せの指標とされて以来、“利己主義”な思考や行動が目立つ情けない世の中ですが‥‥人間の持つ“美徳”が他者を敬い、尊重する“利他主義”だとすると“まきもと”こそ“美徳”の持ち主です。』と話し、本作への自信を覗かせている。最も信頼する俳優のひとり阿部サダヲの魅力に関して監督は、以前「阿部サダヲさんはどんな俳優?」という問いに「ゴム毬のような」と答えたという。「手触りは柔らかく、決して人を傷つけたりしないが、強く床に投げつければ驚くほど高く飛んで行くし、いつまでも小さく弾んでいることもできる」と表現する。

映画『アイ・アム まきもと』は、2022年9月より全国公開。

作品情報
主演 阿部サダヲ×水田伸生監督 “ちょっと迷惑な男”の奇跡の物語 映画『アイ・アム まきもと』公開日決定
映画『アイ・アム まきもと』

市役所の「おみおくり係」に務める〈ちょっと迷惑な男〉牧本壮。空気が読めない、人の話を聞かない、誰にも心を開かない。そんな牧本が孤独に亡くなった人を独自のルールに従いおみおくりしていく中、様々な人々と出会い、少し煙たがられながらも彼らの心に変化をもたらしていく。そしてそんな人々とふれ合う中で、牧本自身の無味な人生も彩られていく。牧本の”迷惑”がいつしか”無垢な気持ち”として、周囲と自らに影響を与えていくヒューマンストーリー。

監督:水田伸生

出演:阿部サダヲ

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

2022年9月 全国公開