Oct 14, 2021 news

“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開

A A

福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、通称〔フラガール〕。そのフラガールの新入社員・夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)と同期の仲間たち、彼女たちを取り巻く人々との絆を描くオリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』。

この度、熱い青春の一コマを映した場面写真が公開された。主人公・夏凪日羽や鎌倉環奈、滝川蘭子、オハナ・カアイフエ、白沢しおんらが腕を組み共に前に進んでいく姿や、ステージでフラを踊る姿、スパリゾートハワイアンズに入社したての初々しい姿など、個性豊かな新人フラガール達の奮闘ぶりが感じ取れる。さらに、先輩社員である鈴懸涼太を見つめる日羽、という2人の関係が気になる一枚も。

“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開
“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開
“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開

そして同時に、悩んで、迷って、フラフラして、新人フラガールたちが過ごす熱い日々を映した30秒予告映像も公開。ステージから笑顔を届ける仕事を選んだ彼女たちの日々をフィロソフィーのダンスが歌う主題歌「サンフラワー」が彩っている。

主演の福原遥をはじめ、美山加恋や富田望生ら実力を兼ね備えたフレッシュなキャストに加え、山田裕貴やディーン・フジオカの参加も大きな話題となっている本作。

総監督を務めるのは、「鋼の錬金術師」や「機動戦士ガンダム00」を手掛けてきた水島精二。水島総監督にとってはある種の挑戦ともいえる題材だが、監督自身は「(お仕事ムービーを)いつか作ってみたかった」と語っており、「フラダンサーになるために、いろいろな所からいろんな想いを抱いてやって来た主人公たちが、1年間でどんなふうに成長していくのか、それだけで十分すぎるほど魅力的な物語になると思いました。周防正行監督や矢口史靖監督が作るような青春映画をアニメーションで作りたい。その願いが叶いました」と、念願であった本作へ込めた強い想いを明かしている。

監督には『劇場版 アイカツスターズ!』「ガンダムビルドダイバーズ」の綿田慎也、脚本に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」『きみと、波にのれたら』の吉田玲子、キャラクターデザインは「アイカツ!」「UN-GO」のやぐちひろこといった日本を代表するトップクリエイターが集結し、「銀魂」や「アイカツ!」のBN Pictures制作でおくる。

“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開
“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開

新人フラガールたちの成長と友情を描いたオリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』は、12月3日(金)より全国公開。

作品情報
“フラ”を仕事に選んだ新人ダンサーたちの絆と成長を描く映画『フラ・フラダンス』場面写真&30秒予告映像が公開
映画『フラ・フラダンス』

福島県いわき市に暮らす高校生・夏凪日羽。卒業後の進路に悩む日羽は、かつて姉・真理が勤めていた「東北のハワイ」こと「スパリゾートハワイアンズ」のポスターを見て衝動的に、新人ダンサー=フラガールの採用試験に応募する。未経験ながらも採用された日羽は、鎌倉環奈、滝川蘭子、オハナ・カアイフエ、白沢しおんたち同期と共にフラガールへの道を歩み始めるが、個性豊かすぎる5人の足並みはそろわず、初ステージで、ある大失敗をしてしまう。「史上最も残念な新人たち」と呼ばれ、落ち込む彼女たちだったが、恋、ダイエット、そしてフラ…と、いいことも辛いことも分かちあいながら、フラフラしながらも絆を深めていく。それぞれの想いを胸に彼女たちは今日もステージへ。笑いあり涙ありの新人フラガール成長物語。

総監督:水島精二/監督:綿田慎也

脚本:吉田玲子/キャラクターデザイン:やぐちひろこ

出演:福原遥、美山加恋、富田望生、前田佳織里、陶山恵実里、山田裕貴、ディーン・フジオカ、早見沙織、相沢梨紗、上坂すみれ、木村昴

配給:アニプレックス

©BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

2021年12月3日(金) 全国公開

公式サイト hula-fulladance.com