Feb 02, 2022 news

Amazon Original映画『HOMESTAY』 《ずっと真夜中でいいのに。》の楽曲に乗せた特別予告映像が公開

A A

森絵都の名作小説「カラフル」を実写映像化したAmazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』。本作は、一度死んでしまった高校生・小林真の身体に乗り移る(ホームステイする)ことになった魂・シロが、100日間という期限の中で真の“死の真相”を探ってゆく感動のミステリー。Amazonが製作する初の邦画作品の主演を務めるのは長尾謙杜(なにわ男子)。出演作が相次ぐ注目の女優・山田杏奈と八木莉可子を共演に迎え、瀬田なつきが監督を務める。

公開された特別予告映像には、《ずっと真夜中でいいのに。》が本作のために書き下ろした主題歌「袖のキルト」に乗せて、主人公・シロの数奇な体験の一端が映し出されている。

病院で目覚めると、見知らぬ高校生・小林真の身体に乗り移っていたシロ(長尾謙杜)。訳も分からぬまま100日以内に“真が死んだ原因を見つける”というクイズに強制参加する羽目に。不器用ながらも、いつも気にかけてくれる幼馴染の晶(山田杏奈)や、学校の人気者で美人な先輩・美月(八木莉可子)と過ごす高校生活を満喫しながらも、究極のクイズの制限時間は刻一刻と迫り、残り僅かな時間の中で、次第に謎が明らかになってゆく。真の死の真相を探るミステリアスな物語の中で、シロと晶、そして美月たち3人の淡い恋の行方にも注目したい。

主演を務める長尾にとって、同世代の出演者との共演は特別だったようで、「同世代の山田さんと八木さんとの共演はいい経験になりました。カメラが回っていないときはワイワイ楽しく話していたのにカメラが回るとすぐに役に入り込む山田さんには本当に良い刺激を受けました。八木さんは同じ関西出身なのでとても演じやすく、自然体の演技が輝いている眩しい方でした。」とコメント。

普段気付くことのできない人の想いや絆の大切さを綴った、Amazon製作で贈る日本初のオリジナル映画『HOMESTAY(ホームステイ)』は、2月11日(金・祝)よりPrime Videoにて世界独占配信開始。

作品情報
Amazon Original映画『HOMESTAY』 《ずっと真夜中でいいのに。》の楽曲に乗せた特別予告映像が公開
Amazon Original 映画『HOMESTAY(ホームステイ)』

管理人と名乗る謎の人物に選ばれた魂・シロは同時期に死んだ高校生・小林真の身体にホームステイし、管理人に課された転生の条件に挑むことになる。条件とは、「小林真が死んだ原因を突き止める」というもの。100日間のリミットの中で、ちょっと違和感のある家族との時間、優しい幼馴染や学校での憧れの先輩との日々などつかの間の真として過ごすシロ。だがその死の真相には小さな光と大きな闇が交錯していた。

監督:瀬田なつき

原作:森絵都『カラフル』(文春文庫) 

出演:長尾謙杜(なにわ男子)/山田杏奈、八木莉可子/望月歩/ 眞島秀和、渋川清彦、阿川佐和子、篠井英介、渡辺大知/ 濱田岳/石田ひかり、佐々木蔵之介 他 

©2022 Amazon Content Services, LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

2月11日(金・祝) Prime Videoにて世界独占配信開始

公式サイト amazon.co.jp/dp/B09QFVTCRD