Aug 10, 2022 news

“もっとひどい悪口を言ってほしい” 映画『人質韓国トップスター誘拐事件』ファン・ジョンミン、監督が本音を語る特別映像が公開

A A

『哭声/コクソン』、『アシュラ』など出演作ごとに全く違う顔を見せ、強烈なインパクトを残してきた俳優ファン・ジョンミン。韓国では、主演作の累計観客動員が1億人を超える“1億俳優”と呼ばれ、『ベイビー・ブローカー』のソン・ガンホなどと並ぶトップスター。

自らが“ファン・ジョンミン”を演じるというセンセーショナルな設定で話題を呼び、2021年の公開時には韓国中で話題騒然となった映画『人質韓国トップスター誘拐事件』。「イカゲーム」のイ・ユミ、「梨泰院クラス」のリュ・ギョンスなど若手最注目俳優も出演。まさしくファン・ジョンミンのキャリア“集大成”というべき入魂の一作。

この度、ピル・カムソン監督とファン・ジョンミンが本作について語る特別映像が公開された。本作の出演に対する秘めた想いを語るファン・ジョンミンの様子やそんなファン・ジョンミンを大絶賛するピル・カムソン監督の様子が収められている。

「実際にファン・ジョンミンが誘拐されたら」──そんな妄想が始まりだと本作の誕生秘話についてファン・ジョンミンは語る。それに対し、監督は「(もしファン・ジョンミンが誘拐されたら)演技力で誘拐犯をだまし、脱出するのではないかと思いました」と話している。また、“主演ファン・ジョンミンにして、主人公ファン・ジョンミン”という、大物俳優が誘拐事件の人質となるトップスターを実名で演じる前代未聞の設定について、本人は「私が“ファン・ジョンミン”を演じるなんて簡単だろうと皆さんそう思うでしょう。実際にはすごく難しかった」と映画の中の”ファン・ジョンミン”を演じることの難しさについて本音を漏らす一幕も。

“もっとひどい悪口を言ってほしい” 映画『人質韓国トップスター誘拐事件』ファン・ジョンミン、監督が本音を語る特別映像が公開

一方、本作のメガホンをとったピル・カムソン監督は、ファン・ジョンミンを大絶賛。撮影の裏話として、コンビニの前で誘拐犯と初めて遭遇するシーンについて、本来“ファン・ジョンミンが犯人に侮辱され、気分は悪いがその場を避ける”というシナリオだったが、本人は「俺だったらこうはしない。俺だったらその場ですぐ対応する」「もっとひどい悪口を言ってほしい」と発言──ともすれば本人のイメージに関わる敏感な部分にも関わらず、「その方がよりリアルで良い」として撮影を進めたというエピソードを披露。

映画『人質韓国トップスター誘拐事件』は、9月9日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国公開。

作品情報
“もっとひどい悪口を言ってほしい” 映画『人質韓国トップスター誘拐事件』ファン・ジョンミン、監督が本音を語る特別映像が公開
映画『人質 韓国トップスター誘拐事件』

記者会見からの帰宅途中、ファン・ジョンミンが突然拉致された。パイプ椅子に縛りつけられた状態で意識を取り戻したジョンミンは、自分が大金目当で誘拐されたことを知る。しかもゲームを楽しむように彼を誘拐した若者たちは、ソウルを震撼させている猟奇殺人事件を起こした凶悪集団だった。唯一の武器、それは“演技力”‥‥犯人を騙まさなければ、死。命がけの脱出劇がいま始まる。

監督:ピル・カムソン

出演:ファン・ジョンミン、イ・ユミ、リュ・ギョンス

配給:ツイン/G

© 2021 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K & SEM COMPANY. All Rights Reserved

2022年9月9日(⾦) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国公開

公式サイト HITOZITI-MOVIE.COM