Aug 26, 2022 news

岡田准一演じる闇堕ちした元警官の隠された過去とは‥‥ 映画『ヘルドッグス』

A A

主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメントえ映画『ヘルドッグス』。

この度、岡田が演じる闇落ちした元警官・兼高(岡田准一)が挑む、ヤクザ組織への命がけの潜入捜査と、隠された過去にスポットを当てた特別映像が公開された。

過去の事件でトラウマを抱え、闇に手を染めて復讐の日々を送っていたある日、警視庁組織犯罪対策部特別捜査隊・班長である阿内(酒向芳)に弱みに付け込まれ、バレれば当然命の保証なしの関東最大のヤクザ組織「東鞘会」への潜入という超危険なミッションを強要される。任務の最大の目的は組織のトップ・十朱(MIYAVI)が持つ秘密ファイルを奪うこと。相性98%を誇る相棒・室岡(坂口健太郎)と凄まじいスピードで組織を上り詰め、信頼を集めてきた兼高だったが、次第に不穏な空気が流れはじめる。

阿内との連絡係である復讐の冷徹マッサージャー・典子(大竹しのぶ)からは「素性がバレることは99%ない」と言われ、「100%じゃないわけだ」と兼高は不敵な笑みを浮かべるが、典子の言葉は現実味を帯び始める‥‥。十朱は、厚い信頼を兼高に置きながらも「お前の正体を見極めたい」と若くして組織のトップに上り詰めた慧眼で兼高の正体に近づいていく。さらには昔を知る警官から偶然、街中で声をかけられ、それを組の人間に目撃されてしまい 「兼高がサツの犬かもしんねぇんだよ!」とたちまち噂が広まってしまう。はたして、兼高は最後までミッションを遂行することが出来るのか‥‥。

さらに、映像内では、兼高が出月梧郎として生きていた警官時代の回想シーンも映し出される。何者かに銃撃を受けるスーパーのバックヤード、そしてそこに倒れる一人の女性。すでに取り返しがつかない残酷な事実に、現場に駆けつけた兼高(出月)は呆然と立ち尽くすことしかできなかった。

愛する人が殺される事件を止められなかったことを悔やみ、その復讐のために闇に手を染めていくが、一方で兼高の心のうちに秘めた「生きてる限り、支援をすると決めた家族がいる」という決意、そして阿内の「出月梧郎巡査の償いか」という憐れむ発言が、兼高の中にもある人間らしい苦しみを際立たせている。また復讐に振り切った挙句、 “噛みつくことしか能のない狂犬”となっても、愛する人の家族を守ろうとする優しさも垣間見ることが出来る。

それぞれが様々な思惑を抱え、予想だにしない展開をみせていく本作。死と隣り合わせの危険度MAXな潜入ミッションと兼高の過去から現在に至るまでの切ない人間ドラマにも期待が高まる、映画『ヘルドッグス』は9月16日(金)より全国公開。

作品情報
岡田准一演じる闇堕ちした元警官の隠された過去とは‥‥ 映画『ヘルドッグス』
映画『ヘルドッグス』

正義も感情も捨て、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾。兼高は、愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、闇に落ち、正義も感情も捨て復讐することにのみ生きていた。その闇と狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、ヤクザ組織への潜入という危険なミッションを強要される。

脚本・監督:原田眞人

原作:深町秋生「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADOKAWA刊)

出演:岡田准一、坂口健太郎、松岡茉優、MIYAVI、北村一輝、大竹しのぶ、金田哲、木竜麻生、中島亜梨沙、杏子、大場泰正、吉原光夫、尾上右近、田中美央、村上淳、酒向芳配給:東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2022 「ヘルドッグス」製作委員会

2022年9月16日(金) 全国公開

公式サイト helldogs.jp