Mar 28, 2024 news

窪塚愛流&蒔田彩珠主演 ‟最後の7日間”を懸命に生きる2人のラブストーリー 映画『ハピネス』

A A
SHARE

窪塚愛流・蒔田彩珠主演で、嶽本野ばらによる同名小説が実写映画化される。この度、映画『ハピネス』の本予告映像が公開された。

主演は『愛のゆくえ』などで注目を集める窪塚愛流と、『朝が来る』やドラマ「おかえりモネ」の蒔田彩珠。由茉(蒔田)の両親に山崎まさよし・吉田羊、雪夫(窪塚)の姉に橋本愛ら豪華俳優陣が集結する。

メガホンをとるのは、『月とキャベツ』『犬部!』などの人間ドラマを手掛けてきた篠原哲雄監督。

この度公開された本予告映像は、心臓の病気のため医者から余命を宣告された由茉が、「あと、1週間で死んじゃうの」と恋人・雪夫に告げるシーンから始まる。すでに自分の運命を受け止め「最後まで自分らしく生きたい」と思いを明かす由茉。憧れていた‟ロリータさん”デビューを果たし、大好きなカレーを食べ、できる限りの時間を雪夫と一緒に過ごしたいと願う。そんな由茉の一途な思いを受け止めた雪夫は、幸せな思い出が増えるたびに失われていく時間に戸惑いながらも、彼女の願いを叶えることに奔走する。

しかし、徐々に頻度を増す心臓発作、バスのなかで激しい発作に襲われシートに倒れこむ姿を目の当たりにした雪夫は、残りの時間が近づいていることを悟る。辛いのは「自分も同じ」だと本音を明かし雪夫を優しく抱きしめる由茉の母(吉田羊)、温かいまなざしで見守る由茉の父(山崎まさよし)。そして雪夫の姉、月子(橋本愛)は「(2人が)出会えたことは奇跡。それはとても幸せなこと」だと優しく語りかける。

映画『ハピネス』は、2024年5月17日(金)より全国公開。

作品情報
映画『ハピネス』

者から余命1週間を告げられた高校生の由茉と、突然の告白に戸惑いながらも、彼女との幸せな日々を一緒に作り上げることに協力する雪夫。残された日々を悲しみに暮れるより笑顔で幸せに過ごしたい、自分らしく生きて、やりたいことに挑戦する、そして何よりも愛する人とずっと一緒にいたい。そんな由茉の願いを叶えるために雪夫は悲しみや不安を胸に閉じ込め、彼女に寄り添うことを決意する。

監督:篠原哲雄

原作:嶽本野ばら「ハピネス」(小学館文庫刊)

出演:窪塚愛流 、蒔田彩珠、橋本愛、山崎まさよし、吉田羊

配給:バンダイナムコフィルムワークス

©嶽本野ばら/小学館/「ハピネス」製作委員会

2024年5月17日(金) 全国公開

公式サイト happiness-movie