Apr 06, 2022 news

“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生の物語 映画『はい、泳げません』本予告映像が公開

A A

2020年代を代表する大ヒット恋愛映画『花束みたいな恋をした』の製作プロダクション・リトルモアの最新作、映画『はい、泳げません』が6月10日(金)に全国公開される。本作は、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。

製作発表からキャスト解禁、水泳写真解禁で、WEB上には公開を楽しみにしている声が溢れた本作の30秒本予告映像が公開された。主題歌2曲はどちらもLittle Glee Monsterが本作のために書き下ろした新曲。あわせて、メインビジュアルも公開された。

“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生の物語 映画『はい、泳げません』本予告映像が公開

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司(たかなしゆうじ)を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香(うすはらしずか)を綾瀬はるかが演じる。大河ドラマ主演俳優の夢の映画初共演となる。

「もし僕が溺れたらどうなりますか!」そう言って、スイミングスクールの受付で額に汗をかきながら訴えているのは哲学者の小鳥遊雄司。彼が震える声で話す相手は、「私が助けます」と自信たっぷりに答える水泳コーチ、薄原静香。入会したスイミングスクールで同じクラスとなった中年女性たちに、面白おかしく励まされながらなんとかプールに入ろうとするも、水に怖気付く小鳥遊は静香コーチから「たかなし!」と呼びすてにされるシーンも。Little Glee Monsterの軽やかでアップテンポな楽曲「magic!」のリズムに乗せて、「子供みたいな」小鳥遊のコミカルでありながら必死で泳ごうとする姿が描かれる。

“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生の物語 映画『はい、泳げません』本予告映像が公開

そんな明るいシーンから一転、小鳥遊が見せるのは「怖いんです。思い出すのが」とシリアスな姿だ。水を恐れることになった雄司のある決定的な理由とは?御徒町凧が作詞、森山直太朗が作曲を手がけLittle Glee Monsterに提供したバラードナンバー「生きなくちゃ」は、そんな雄司に寄り添いそっと背中を押してくれるような優しさに溢れている。

“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生の物語 映画『はい、泳げません』本予告映像が公開

泳げない雄司と泳ぐことしかできない静香。正反対の二人がプールで出会い、水泳を通じて自らの過去に対峙していく。もう一度自分らしく生きるため、苦しい再生への第一歩を踏み出す小鳥遊に、心からエールを送りたくなる映画『はい、泳げません』は、6月10日(金)に全国公開。

作品情報
“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の希望と再生の物語 映画『はい、泳げません』本予告映像が公開
映画『はい、泳げません』

物語は現代。大学で哲学を教える小鳥遊雄司は、泳げない。水に顔をつけることも怖い。人間と水の関係についての頭でっかちな理屈ばかりをこねて、水を避けてきた雄司はある日、ひょんなことから水泳教室に通い始めることになる。訪れたプールの受付で、強引に入会を勧めたのが水泳コーチ・薄原静香だった。静香が毎日教える賑やかな主婦たちの中に、体をこわばらせた雄司がぎこちなく混ざる。その日から、陸よりも水中の方が生きやすいという静香と、水への恐怖で大騒ぎしながらそれでも続ける雄司の、一進一退の日々が始まる。それは、ある理由で水をおそれることになった雄司の、苦しくも再生の日々だった‥‥。

監督・脚本:渡辺謙作

出演:長谷川博己、綾瀬はるか

配給:東京テアトル、リトルモア

©2022「はい、泳げません」製作委員会

2022年6月 TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開

公式サイト hai-oyogemasen.jp