Sep 01, 2022 news

映像美が際立つ特報! J・R・R・トールキン×監督・脚本デヴィッド・ロウリーが贈る、壮大なダーク・ファンタジー 映画『グリーン・ナイト』

A A

デヴィッド・ロウリー監督作『グリーン・ナイト』が11月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開となる。

14世紀の作者不明の叙事詩「サー・ガウェインと緑の騎士」は、「指輪物語」の作家J・R・R・トールキンが現代英語に翻訳し、広く読まれてきた。この原典を、ロウリー監督自身が深い愛と敬意をもって大胆に脚色。

過酷な自然界へと挑む冒険と幻想的で奇妙な旅を通して、自分の内面へと向き合っていく若者の成長物語を、示唆に富んだ斬新で濃度の高い魅惑的な映像で描き出す。

アーサー王の甥として恵まれた環境で怠惰な日々を送る主人公サー・ガウェインを演じるのはデヴ・パテル。

まだ正式な騎士ではなく未熟でどこか頼りないガウェインが、クリスマスの残酷な“遊び事(ゲーム)”から1年後、未知の世界へと挑んでゆく姿を魅力的に演じる。

『ミッドサマー』や『ライトハウス』などジャンル映画をアートの域まで高めてきたA24が贈る、初の本格ファンタジーがついに日本公開。

公開された特別映像では、 王座に座るガウェインの首に火が付き、たちまち燃え上がる幻想的ながら衝撃のシーンから始まる。

人々に語れる英雄譚をまだ持たない彼が、クリスマスの残酷な遊び事(ゲーム)から1年後、緑の騎士を探す未知の世界へと挑む“慈悲なき旅”に出る様子をスタイリッシュな映像とともに捉えていく。

気が触れた盗賊、彷徨う巨人、城の主人やその妖艶な奥方、旅の相棒となるキツネなど、彼を緑の騎士のもとへと導く様々な者や、旅で遭遇する出来事が次々に映し出され、映像のラストでは、全身が草木に包まれたような異様な風貌の緑の騎士が、身体を軋ませながら「覚悟はいいか」と斧を手にガウェインに歩み寄る。

細部までこだわり抜いた独特かつ壮大な世界観を予感させる描写の数々や、圧倒的な映像美など、映画本編への期待が高まる映像となっている。

あわせて、新場面写真7点も一挙解禁。クリスマスに馬にまたがりアーサー王の宮殿に姿を現した緑の騎士の全貌、ガウェインの旅立ち、アーサー王の威厳に満ちた姿をはじめ、彼が試練の旅で出会う魅惑的なキャラクターたちを切り出している。

また、9月9日(金)より「オリジナルステッカー」付きムビチケカード(税込1,500円)が、全国の上映劇場窓口(一部劇場を除く)、メイジャー通販で販売されることが決定(先着・数量限定のため、なくなり次第終了)。

映像美が際立つ特報! J・R・R・トールキン×監督・脚本デヴィッド・ロウリーが贈る、壮大なダーク・ファンタジー 映画『グリーン・ナイト』

本国のキャラクター別ビジュアルをもとに制作されるこのステッカーは、ガウェイン、緑の騎士、城で出会う奥方に加えて、本作の公開発表の際に公開を待ちわびていた映画ファンたちから大きな反響があったキツネも含めた4キャラクターがそろっている。

作品情報
映像美が際立つ特報! J・R・R・トールキン×監督・脚本デヴィッド・ロウリーが贈る、壮大なダーク・ファンタジー 映画『グリーン・ナイト』
映画『グリーン・ナイト』

アーサー王の甥であるサー・ガウェインは、正式な騎士になれぬまま怠惰な日々を送っていた。クリスマスの日、円卓の騎士たちが集う王の宴に、まるで全身が草木に包まれたような風貌をした緑の騎士が現れ、恐ろしい首切りゲームを持ちかける。その挑発に乗ったガウェインは、緑の騎士の首を一振りで斬り落とすが、彼は転がる首を自身の手で拾い上げると「1年後に私を捜し出し、ひざまずいて、私からの一撃を受けるのだ」と言い残して去ってゆく。それは呪いと厳しい試練の始まりだった‥‥1年後、ガウェインは約束を果たすべく、未知なる世界へと旅立ってゆく。

監督・脚本・編集:デヴィッド・ロウリー

出演:デヴ・パテル、アリシア・ヴィキャンデル、ジョエル・エドガートン、サリタ・チョウドリー、ショーン・ハリス、ケイト・ディッキー、バリー・コーガン、ラルフ・アイネソン

配給:トランスフォーマー

© 2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

2022年11月25日(金) TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開

公式サイト transformer.co.jp/m/greenknight/