Aug 31, 2022 news

『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』

A A

アニエス・ヴァルダ監督の代表作の一つであり、“漂流する女性”映画の金字塔的作品、映画『冬の旅』が11月5日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国公開決定。あわせて、予告映像&場面写真が公開された。

2019年3月に、生涯現役を貫いて90歳で逝去した、映画作家アニエス・ヴァルダ。28歳の時に、「ヌーヴェルヴァーグの最初の映画」と評されることになる『ラ・ポワント・クールト』(54)を発表し、仏映画界に新風を巻き起こし、『幸福(しあわせ)』(64)で第15回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞、名実ともにフランスを代表する映画監督に。

以後もフィクションとドキュメンタリーを縦横無尽に行き来し、常に市井に生きる人々の飾らない姿を活写し続け、2015年にはカンヌ国際映画祭名誉パルムドールを、2017年には米アカデミー賞名誉賞を受賞。グレタ・ガーウィグ、ケリー・ライカートやレナ・ダナム、アリーチェ・ロルヴァケルといった今をときめく映画監督たちもヴァルダからの影響を公言し、世界中の人々から敬愛される、唯一無二の映画作家だ。

そんな彼女の劇映画の最高傑作との呼び声が高い作品が、1985年に発表された本作。フランス片田舎の畑の側溝で、凍死体として発見された少女モナ。彼女の死に至るまでの数週間の足取りを、路上で出会った人々の証言から辿っていく。

『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』
『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』

予告映像は、サンドリーヌ・ボネール演じるモナが、寝袋と大きなバックパックを背負って、路上をあてどなくさすらい、出会った人々と言葉を交わす姿を捉え、ケリー・ライカート監督の「ヴァルダはいつも刺激的!」というコメントも挿入されている。

本国フランスでは当時のアートシアター映画としては異例の100万人を超える動員を記録、第42回ヴェネチア国際映画祭では最高賞の金獅子賞に輝き、主演を務めたサンドリーヌ・ボネールも第11回セザール賞最優秀主演女優賞を受賞。

日本では1991年に劇場公開され、その後も限定的な上映は何度かあったが、今回は、2014 年にアニエス・ヴァルダ本人と撮影監督を務めたパトリック・ブロシェによる監修で2K修復されたDCP素材による上映で、初公開から30年以上の歳月を経てのリバイバル公開となる。

『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』
『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』
『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』
作品情報
『WANDA』『ノマドランド』など“漂流する女性”映画の金字塔的作品が2K修復を経て蘇る! 映画『冬の旅』
映画『冬の旅』

フランス片田舎の畑の側溝で、凍死体として発見された少女モナ。彼女の死に至るまでの数週間の足取りを、路上で出会った人々の証言から辿っていく。

監督・脚本・共同編集:アニエス・ヴァルダ

出演:サンドリーヌ・ボネール、マーシャ・メリル、ステファン・フレイス、ヨランド・モロー

配給:ザジフィルムズ

© 1985 Ciné-Tamaris / films A2

2022年11月5日(土) シアター・イメージフォーラムほか全国公開

公式サイト zaziefilms.com/fuyunotabi

SHARE