Dec 22, 2021 news

映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開

A A

『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞4部門受賞したことでも知られる、ウェス・アンダーソン監督待望の最新作、映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』。

『ダージリン急行』(07)、『ファンタスティック Mr.FOX』(10)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)、『犬ヶ島』(18)といった名作の数々を生み出した監督の記念すべき長編第10作目を飾る最新作の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得している。ところが、編集長が仕事中に急死、遺言によって廃刊が決まってしまう。果たして、何が飛び出すか分からない追悼号にして最終号の、思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは?

この度、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリら登場のストーリー予告映像【宣言書の改訂編】が公開された。

突如急死した編集長の追悼号のため、個性豊かな記者たちによる選りすぐりのストーリーが描かれる本作。第二話の「宣言書の改訂」では、ジャーナリスト魂を貫くルシンダ・クレメンツ(フランシス・マクドーマンド)の友人の息子で、カリスマ性を放つ学生運動のリーダー、ゼフィレッリ・B(ティモシー・シャラメ)が大学と国を相手にし、大規模なストを扇動。気の強い会計係のジュリエット(リナ・クードリ)とも意見を対立させるが、ふたりの様子を見守っていたルシンダに「言い争いより愛し合うのよ」と助言され、ふたりは青春の激しさと甘さを謳歌する。

映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開
映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開
映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開

本作で初めてウェスの作品に参加したティモシー・シャラメは「ネジや針金のひとつひとつが機能し、それぞれの部署のスタッフの誰もが協力しています。監督はもちろんいつも刺激的です。舵取り役としては手強いところもあります。というのは、俳優陣とスタッフはボヘミアンのサーカス集団のような雰囲気だからです。でも、全てが機械仕掛けのように回っていきます。全員が監督の構想のもとに団結し、それを叶えるための献身を惜しみません」と撮影に対し情熱的なウェスと、それに応えるスタッフキャスト陣による撮影現場に感銘を受けた様子で語っている。

映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開
映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は2022年1月28日(金)より全国公開。

作品情報
映画『フレンチ・ディスパッチ』 ストーリー予告映像【宣言書の改訂編】&ティモシー・シャラメのコメントが公開
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

ウェス・アンダーソンによる活字文化とフレンチ・カルチャーに対するラブレター。20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する、一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは三部構成で展開し、画面のいたるところにはウェス・アンダーソンらしいユニークな演出が散りばめられている。

監督・脚本:ウェス・アンダーソン

出演:ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ジェフリー・ライト、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストンほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

2022年1月28日(金) 全国公開

公式サイト searchlightpictures.jp