Dec 07, 2022 news

監督も透明感を大絶賛!吉沢亮の愛情溢れる新場面写真解禁 映画『ファミリア』

A A

陶器職人の誠治と、海外で活躍する誠治の息子・学、そして誠治が知り合う在日ブラジル人青年マルコス。リアルな今を生きる3人の関係を軸に、独自の視野から“家族”という普遍的なテーマに挑んだヒューマン・ドラマ、映画『ファミリア』。

今回、一流企業のプラントエンジニアとしてアルジェリアに赴任中の神谷学を演じたのは、人気若手俳優の吉沢亮。『銀魂』(17-18′)『キングダム』(19-22′)『東京リベンジャーズ』(21-23′)等、クセが強いキャラクターや話題の実写化作品への出演が記憶に新しい。そんな吉沢が自然体で演じ切った等身大の学役は新鮮であり、新たな魅力をも解き放っている。

この度、吉沢演じる学が婚約者ナディアへの愛情溢れる表情をおさめた新たな場面写真が解禁された。

監督も透明感を大絶賛!吉沢亮の愛情溢れる新場面写真解禁 映画『ファミリア』

穏やかな笑顔でナディアをギュッと抱きしめる学のショットや、しっかりと手を繋ぎながらナディアの言葉に振り向く姿などが切り取られている。その他、何やら嬉しそうな表情でナディアにバックハグをしたり、写真をみながら仲睦まじく微笑む2人のカットも。国籍や育った環境が全く異なる2人が、家族となる日を待ち望み、希望に満ち溢れる様子が印象的。

本作のテーマである“家族”について吉沢は、「家族には色んな形があると思います。“帰る場所”であり、そこに受け入れてくれる人たちがいるという安心感みたいなものが、“家族”なのかなと漠然とですがそう感じます。」と話す。

「みんなでモチベーションを高めながらどうにか完成した作品です。家族の愛、それを失った人の悲しい部分など色々描かれていますが、最後はやっぱり家族っていいなと思ってもらえる作品になっています。」と、本作の見どころについてコメント。

成島出監督は吉沢亮を起用した理由について、「彼の出演作を何本か観て、透明感があり良いなと思っていました。学は本当に普通の青年で、捉えようのないところが彼にぴったりだと感じました。」と明かしている。

映画『ファミリア』は、2023年1月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

作品情報
監督も透明感を大絶賛!吉沢亮の愛情溢れる新場面写真解禁 映画『ファミリア』
映画『ファミリア』

山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学が婚約者ナディアを連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、誠治が住む隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコスは半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね、焼き物の仕事に興味を持つ。そんな中、アルジェリアに戻った学とナディアをある悲劇が襲い‥‥。

監督:成島出

出演:役所広司、吉沢亮 / サガエルカス、ワケドファジレ、中原丈雄、室井滋、アリまらい果、シマダアラン、スミダグスタボ、松重豊 / MIYAVI / 佐藤浩市

配給:キノフィルムズ

©2022「ファミリア」製作委員会

2023年1月6日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト familiar-movie.jp

SHARE