Sep 15, 2022 news

「現代版“ニュー・シネマ・パラダイス”だ」 チャイ売りの少年から映画監督へ‥‥監督自身の驚くべき物語 映画『エンドロールのつづき』

A A

チャイ売りの少年が映画と出会い、やがて世界で活躍する映画監督になる‥‥。監督自身の驚くべき物語を映画化し、トライベッカ映画祭ほか、世界中の映画祭で5つの観客賞を受賞。さらにバリャドリード国際映画祭では最高賞にあたるゴールデンスパイク賞をインド映画として初めて受賞するなど、世界中の映画祭から喝采を浴びた感動作『Last Film Show』の邦題を『エンドロールのつづき』とし、2023年1月20日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開決定。

この度、特報映像&ポスタービジュアルが公開された。

「現代版“ニュー・シネマ・パラダイス”だ」 チャイ売りの少年から映画監督へ‥‥監督自身の驚くべき物語 映画『エンドロールのつづき』

9歳のサマイはインドの田舎町で、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものだと思っているが、信仰するカーリー女神の映画は特別と、家族で街に映画を観に行くことに。人で溢れ返った映画館、席に着くと、目に飛び込んだのは後方からスクリーンへと伸びる一筋の光‥‥そこにはサマイが初めて見る世界が広がっていた。

映画にすっかり魅了されたサマイは、再び映画館に忍び込むが、チケット代が払えずつまみ出されてしまう。それを見た映写技師のファザルがある提案をする。料理上手なサマイの母が作る弁当と引換えに、映写室から映画をみせてくれるというのだ。サマイは映写窓から観る色とりどりの映画の数々に圧倒され、いつしか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめるが‥‥。

特報映像では、インドの田舎町でチャイ売りをしながら生活しているキュートなサマイが登場。「父さんのような負け犬になるなよ」と言われながらも、9歳らしいあどけなさと賢さを持つサマイが恋に落ちたのは‥‥。周りの大人や仲間たち、そして家族に見守られながら、「映画を作りたい」という大きな夢を抱いた少年の実話から生まれた珠玉の感動作。

“映画”への溢れんばかりの愛情を込めて本作を監督したのは、インド出身で今や国を超えて活躍するパン・ナリン。リュミエール兄弟、スタンリー・キューブリックなど、監督が敬愛する巨匠たちへのオマージュがちりばめられ、自らの才能で未来を照らす光を追い続ける少年の姿に、誰もが無邪気な幼少期を思い出すような、幸せで希望あふれる物語が誕生した。

大きな夢を抱く主人公、チャイ売りの少年サマイ役には3,000人の中から選ばれた新たな才能、バヴィン・ラバリ。観客が一体となった映画館、スパイスたっぷりの手料理、陽気な音楽とダンス‥‥どこか懐かしいインドの魅力が満載。

作品情報
「現代版“ニュー・シネマ・パラダイス”だ」 チャイ売りの少年から映画監督へ‥‥監督自身の驚くべき物語 映画『エンドロールのつづき』
映画『エンドロールのつづき』

9歳のサマイはインドの田舎町で、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものだと思っているが、信仰するカーリー女神の映画は特別と、家族で街に映画を観に行くことに。映画にすっかり魅了されたサマイは、再び映画館に忍び込むが、チケット代が払えずつまみ出されてしまう。それを見た映写技師のファザルがある提案をする。料理上手なサマイの母が作る弁当と引換えに、映写室から映画をみせてくれるというのだ。サマイは映写窓から観る色とりどりの映画の数々に圧倒され、いつしか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめるが‥‥。

監督・脚本:パン・ナリン

出演:バヴィン・ラバリ

配給:松竹

©2022. CHHELLO SHOW LLP

2023年1月20日(金) 新宿ピカデリーほかにて全国公開

公式サイト movies.shochiku.co.jp/endroll