Dec 27, 2022 news

愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』

A A

フランス・パリに立つ、誰もが知る世界遺産エッフェル塔。その完成に挑戦したギュスターヴ・エッフェルの成功と、ある女性への秘められた想いを情熱的、かつ、大胆に創作したヒューマン・ラブストーリー、映画『エッフェル塔~創造者の愛~』。この度、日本版予告映像とポスタービジュアルが公開された。

愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』

予告映像では、ロマン・デュリス演じるギュスターヴ・エッフェルが、当時としては異例尽くめの建造物〈エッフェル塔〉の建設に挑戦する姿と、その裏で繰り広げられる、忘れられない一人の女性との間で紡がれる愛が、切ない音楽とともに描かれている。

1886年のパリは、プロシアに敗戦後、工業国として立ち上がった姿を全世界へ知らしめるべく、3年後の「パリ万国博覧会」の成功へ向けて盛り上がりを見せていた。そのなかでギュスターヴ・エッフェルが提案したモニュメントは、ブルジョワや労働者など階層に縛られない、全パリ市民が平等に希望を持つ塔であり、300mという当時としては最高層の高さかつ、全て金属で作り上げるという、あまりにも壮大な計画だった。

そんな彼の背中を押したもの‥‥それは、友人のアントワーヌ・ド・レスタック(ピエール・ドゥラドンシャン)に妻として紹介された女性で、かつて愛し合った元恋人・アドリエンヌ(エマ・マッキー)だった。

愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』
愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』

再び惹かれ合うギュスターヴとアドリエンヌに勘付き、記者という影響力の強い立場で2人の前に立ちはだかるアントワーヌ。また、着工した塔建設には、地下浸水や反対キャンペーンの勃発により、完成への暗雲が立ち込める。「この塔はパリの誇り。我々の誇りだ」という信念とともに突き進むギュスターヴ。そして、アドリエンヌへの募る想いも燃え上がっていく。愛と成功の両方を求め、情熱を傾けていくギュスターヴが手にするものは果たして? 史上最も美しく、壮大な愛と挑戦を描いた一作が誕生した。

愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』
愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』

映画『エッフェル塔~創造者の愛~』は、2023年3月3日(金)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開。

作品情報
愛か成功か‥‥“パリの顔”の創造者に迫られた、究極の選択 映画『エッフェル塔~創造者の愛~』
映画『エッフェル塔~創造者の愛~』

アメリカ〈自由の女神像〉の制作に協力したことで大いなる名声を獲得した、ギュスターヴ・エッフェル。世間では3年後の1889年に開催される「パリ万国博覧会」の話題でもちきりだった。そのシンボルモニュメント制作のコンクールには全く興味のなかったエッフェルだが、パーティーの席で大臣から強く参加を要請される。さらに、久しぶりに再会した友人で記者のアントワーヌ・ド・レスタックの妻・アドリエンヌから「大臣と同感です。ぜひ見てみたい。野心作を」と言われたエッフェルは突然、「ブルジョワも労働者も皆が楽しめるように、パリの真ん中に300mの塔をすべて金属で造る」と宣言する。実は初対面のふりをしたレスタックの妻は、エッフェルにとって忘れられない女性だった‥‥。

監督:マルタン・ブルブロン

出演:ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アルマンド・ブーランジェ、ブルーノ・ラファエリ

配給:キノフィルムズ

© 2021 VVZ Production – Pathé Films – Constantin Film Produktion – M6 Films

2023年3月3日(金) 新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

公式サイト https://eiffel-movie.jp/

SHARE