Dec 17, 2021 news

巨大企業の陰謀を暴く 映画『ダーク・ウォーターズ』 アン・ハサウェイのロングインタビュー映像が公開

A A

トッド・ヘインズ×マーク・ラファロ、アン・ハサウェイら世界的な鬼才と実力派キャストの豪華タッグで贈る、映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』。

すべては2016年1月6日のニューヨーク・タイムズ紙の新聞記事から始まった。米ウェストバージニア州のコミュニティを蝕む環境汚染問題をめぐり、ひとりの弁護士が十数年にもわたって巨大企業との闘いを繰り広げてきた軌跡が綴られた記事は、本作で製作も兼ね、環境活動家でもある実力派俳優マーク・ラファロの心を動かし、映画化に向け、自らトッド・ヘインズ監督にオファー。さらに、アン・ハサウェイ、ティム・ロビンス、ビル・プルマンなど豪華キャストが集結。ある農場主の悲痛な訴えから始まった小さな案件が、大規模な環境汚染問題に発展していく様を克明に描き出す。

巨大企業の陰謀を暴く 映画『ダーク・ウォーターズ』 アン・ハサウェイのロングインタビュー映像が公開

弁護士ロブ・ビロットの妻サラ・ビロットを演じたアン・ハサウェイのロングインタビュー映像が公開された。科学物質PFOAが人体に悪影響を与えることをひた隠しにしてきた巨大企業デュポン社と一人戦う夫ロブを支え、時には力強い言葉で鼓舞する妻。率直に、熱心に本作参加への思いや役作り、モデルとなった本人達の印象を語る。

実父が弁護士という生育環境にあったアン・ハサウェイ。脚本を読んだ際には「最初はとても興味をかき立てられた。でも物語が事実と知ると怒りが湧き、まだ係争中と知って複雑な心境になった。私たち全員に関わる問題」と自分ごとのように受け止めたという。しかしサラ・ビロットが「主人公の男性を女性が陰ながら支える」というステレオタイプな立ち位置で描かれていると感じ、すぐに快諾は出来なかった。だがモデルになった本人と対面したことで、キャラクターの捉え方が変化し、「彼女は柔軟性と誠実さ、そして威厳を持っている」と人柄に惚れたそうだ。さらに「サラの反応は寛大でオープンで誠実で、ロブへの信頼に満ちていた。だからこそ私もより重厚な演技ができた」と生き様に感激。

巨大企業の陰謀を暴く 映画『ダーク・ウォーターズ』 アン・ハサウェイのロングインタビュー映像が公開

また夫であるロブ・ビロットを演じたマーク・ラファロについては「卓越した表現力、知的で魂がこもっていてとても誠実で威厳がある。とても美しくて抑制された演技。」と絶賛している。

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』は、公開中。

作品情報
巨大企業の陰謀を暴く 映画『ダーク・ウォーターズ』 アン・ハサウェイのロングインタビュー映像が公開
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』

1998年、オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットが、思いがけない調査依頼を受ける。ウェストバージニア州パーカーズバーグで農場を営むウィルバー・テナントは、大手化学メーカー、デュポン社の工場からの廃棄物によって土地を汚され、190頭もの牛を病死させられたというのだ。さしたる確信もなく、廃棄物に関する資料開示を裁判所に求めたロブは、“PFOA”という謎めいたワードを調べたことをきっかけに、事態の深刻さに気づき始める。デュポンは発ガン性のある有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流してきたのだ。やがてロブは7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏みきる。しかし強大な権力と資金力を誇る巨大企業との法廷闘争は、真実を追い求めるロブを窮地に陥れていく。

監督:トッド・ヘインズ

出演:マーク・ラファロ、アン・ハサウェイ、ティム・ロビンス、ビル・キャンプ、ヴィクター・ガーバー、ビル・プルマン

配給:キノフィルムズ

© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

公開中

公式サイト dw-movie.jp