Sep 16, 2021 news

全てが最高と海外で絶賛の嵐!映画『DUNE / デューン 砂の惑星』 初公開の本編&メイキング映像を交えた特別映像が公開

A A

2021年最大の超大作、映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は“未来が視える”能力を持つ青年、ポール・アトレイデスの物語。皇帝の命でその惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な“砂の惑星デューン”へ移住したことを機にアトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、復讐そして全宇宙の平和のために、巨大なサンドワームが襲い来るその星で“命を狙われるひとりの青年”ポールが立ち上がる。

全てが最高と海外で絶賛の嵐!映画『DUNE / デューン 砂の惑星』 初公開の本編&メイキング映像を交えた特別映像が公開

初公開となる本編映像、メイキング映像、監督・キャストのインタビューを交えた特別映像が公開された。インタビューでは主人公ポール・アトレイデスを演じたティモシー・シャラメを筆頭に、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、オスカー・アイザック、レベッカ・ファーガソン、ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督といったハリウッドを代表する面々が、出演の経緯、ストーリーや設定、自身が演じたキャラクターやその背景について余すことなく語っている。

世界中での公開を前に一足先に上映されたヴェネチア国際映画祭やトロント国際映画祭では、「映画館でしか味わうことの出来ない“映画の力“を再提示した作品だ」「壮大なスケールとスペクタクルのなかに没入した体験、映画が帰ってきた!」「どうかこの体験はIMAX で味わって欲しい。後悔しないと約束する」等、大絶賛の声があがり、『ノマドランド』でアカデミー賞を席巻したことも記憶に新しい、クロエ・ジャオ監督も本作について「この映画体験にただただ圧倒されました」とコメントするなど、本作の持つ“映画体験”としての力を改めて示した。

全てが最高と海外で絶賛の嵐!映画『DUNE / デューン 砂の惑星』 初公開の本編&メイキング映像を交えた特別映像が公開

海外の権威あるメディアも「大迫力のスペクタクルー息をのむほど美しく鮮やかで、恐ろしいほど緻密な未来を目の当たりにした」(Los Angeles Times)、 「ドゥニ・ヴィルヌーヴのDUNEは体験そのものも、映像も音もプロダクトデザインもすべてが最高だった」(USA Today)、「映画館に戻る理由があるとしたらこの映画だ」(Vogue)と力強い評を寄せ、その興奮は観客、メディアともに高く、世界中を巻き込んで新たなる映画体験が衝撃を与えている。

ラージフォーマットIMAX®を超える“究極の映画体験”が可能な【Filmed For IMAX®】に認定された世界初の作品、映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は、10月15日(金)より全国公開。

作品情報
全てが最高と海外で絶賛の嵐!映画『DUNE / デューン 砂の惑星』 初公開の本編&メイキング映像を交えた特別映像が公開
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

10,190年、銀河系は分裂した。人類が地球以外の惑星に移住して宇宙帝国を築いたこの世界では、1つの惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれていた。レト・アトレイデス公爵は皇帝の命を受けて、砂漠の惑星アラキスを治める事になる。通称デューンとも呼ばれるアラキスは、抗老化作用を持つ香料メランジの唯一の生産地。アトレイデス家には莫大な利益がもたらされる筈だった。しかし妻のジェシカと息子のポールを連れてデューンに乗り込んだレト公爵を待っていたのはメランジの採掘権を持つハルコンネン家と皇帝が結託した陰謀。青い瞳を持つ現地の自由民フレメンは敵か味方か?そしてメランジを守るように突如現れすべてを飲み込む巨大なサンドワームの存在は?その意味は?父を殺されその地位を追われ、全宇宙から命を狙われる青年・ポールとジェシカの運命はいかに。

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

原作:「デューン/砂の惑星」フランク・ハーバート著(ハヤカワ文庫刊)

出演:ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリンス、ステラン・スカルスガルド、ゼンデイヤ、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムほか

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

2021年10月15日(金) 全国公開

公式サイト dune-movie.jp