Jul 07, 2021 news

遂に日本公開日が決定!映画『DUNE/デューン 砂の惑星』日本版特報映像も公開

A A

2021年最大の超大作映画『DUNE/デューン 砂の惑星』の日本公開が10月15日(金)に決定。原作の小説「デューン/砂の惑星」は、1965年の発売以来、多くのカルチャーに影響を与え続け、一説には『スター・ウォーズ』『風の谷のナウシカ』『アバター』などの名作が、この小説なくして生まれなかったと言われるほどの伝説となっている。

9月に開催されるヴェネツィア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門で世界初上映されることも決定しており、日本公開が10月に決定したことがアナウンスされるとSNS上で大きな盛り上がりを見せたが、今回公開日が決定したことで盛り上がりが更に加速すると思われる。圧倒的な世界観と壮大なスケールで、先週公開となった『ゴジラVSコング』に続く超大作として、この秋、世界中を熱狂の渦に巻き込むことは間違いない。

この度、解禁となった日本版特報映像では、砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に繰り広げられる、群雄入り乱れる激しい戦闘シーンや主人公ポールが正体不明の巨大なサンドワームに追われる姿など見るからに壮大な世界観が収められている。

Loading the player...

主人公ポールを演じるのは『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』での好演や、『君の名前で僕を呼んで』で若干21歳にしてアカデミー賞主演男優賞にノミネートを果たした経験を持つティモシー・シャラメ。今年6月には大ヒット作『チャーリーとチョコレート工場』前日譚のウォンカ役に決定したことが発表されるなど、Z世代を代表する次世代スターとして大きな注目を集めている。

ティモシーの脇を固める俳優陣も実力派オールスターキャストが集結。『スパイダーマン』シリーズのゼンデイヤがポールの夢の中に登場する謎の美女チェイニーを熱演し、『アクアマン』でおなじみジェイソン・モモア、アカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、アベンジャーズの宿敵サノスを演じたジョシュ・ブローリンがポールを全力サポートする腹心を演じる。また、『スター・ウォーズ』続三部作ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックと『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のレベッカ・ファーガソンがポールの両親役で登場するなど盤石な布陣となっている。

『ブレードランナー 2049』で異次元の天才と称えられ『メッセージ』でアカデミー賞にノミネートされたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「キャリア史上最も重要な作品」と断言し、今、最も世界から待望される最新作。映画史はもちろん、この世の全てのアクション・アドベンチャー体験を過去のものへと変える、未来型シネマ・エクスペリエンスがここに誕生する。

作品情報
遂に日本公開日が決定!映画『DUNE/デューン 砂の惑星』日本版特報映像も公開
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

10,190年、銀河系は分裂した。人類が地球以外の惑星に移住して宇宙帝国を築いたこの世界では、1つの惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれていた。レト・アトレイデス公爵は皇帝の命を受けて、砂漠の惑星アラキスを治める事になる。通称デューンとも呼ばれるアラキスは、抗老化作用を持つ香料メランジの唯一の生産地。アトレイデス家には莫大な利益がもたらされる筈だった。しかし妻のジェシカと息子のポールを連れてデューンに乗り込んだレト公爵を待っていたのはメランジの採掘権を持つハルコンネン家と皇帝が結託した陰謀。青い瞳を持つ現地の自由民フレメンは敵か味方か?そしてメランジを守るように突如現れすべてを飲み込む巨大なサンドワームの存在は?その意味は?父を殺されその地位を追われ、全宇宙から命を狙われる青年・ポールとジェシカの運命はいかに。

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

原作:「デューン/砂の惑星」フランク・ハーバート著(ハヤカワ文庫刊)

出演:ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリンス、テラン・スカルスガルド、ゼンデイヤ、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムほか

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

10月15日(金) 全国公開

公式サイト:dune-movie.jp