Sep 07, 2021 news

12人の監督が描く、12の物語 映画『DIVOC-12』 上田慎一郎監督チーム4作品の予告映像が公開

A A

12人の監督が描く、12の物語からなる映画『DIVOC-12』。本作は、ソニーグループが立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」の支援活動の一環として、コロナ禍で映像制作活動において大きな影響を受けているクリエイターたちを支援する 映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(ディボック-トゥエルブ) から生まれた。

本プロジェクトの中核となって映画制作を牽引していく3人の監督は、『新聞記者』(19)で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめとした主要3部門を受賞した藤井道人監督、世界中で社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』(18)の上田慎一郎監督、第41回モントリオール世界映画祭で審査員特別大賞を受賞した『幼な子われらに生まれ』(17)の三島有紀子監督。日本映画界を代表する監督たちそれぞれの元に、一般公募より選ばれた新人監督含めた9名が集い、共に映画制作を行っていく。

この度、“感触”というテーマで制作する上田慎一郎監督チームの予告映像が公開された。上田慎一郎監督の『ユメミの半生』から始まり、ふくだみゆき監督作品『魔女のニーナ』、中元雄監督作品の『死霊軍団 怒りのDIY』と続き、最後にエバンズ未夜子監督作品『あこがれマガジン』が収められており、それぞれ全く違う“感触”をまとったエンタテインメント作品ばかりで、ワクワク感が伝わるものばかり。

上田監督は、“感触”というテーマについて「コロナ禍って“感触”が失われていた時期だったと思ったんです。人に触れるということもそうですし、音楽とか演劇とか映画館で映画を見るという生でエンターテイメントを味わうという“感触”も失われていた時期でした。また、コロナ関係なく時代的にデジタル化が進んでいて、本が電子書籍になったり、音楽は CD ではなくサブスクで聞いたりなど、モノの感触がどんどん無くなっている時代だと思う。それをテーマに、“感触”とは何なのか”“感触が失われた時期は一体どういうことだったのか”というのを探せたらいいなと思っています。」と語っている。

12人の監督が描く、12の物語 映画『DIVOC-12』 上田慎一郎監督チーム4作品の予告映像が公開
12人の監督が描く、12の物語 映画『DIVOC-12』 上田慎一郎監督チーム4作品の予告映像が公開
12人の監督が描く、12の物語 映画『DIVOC-12』 上田慎一郎監督チーム4作品の予告映像が公開

映画『DIVOC-12』は、10月1日(金)より全国公開。

作品情報
12人の監督が描く、12の物語 映画『DIVOC-12』 上田慎一郎監督チーム4作品の予告映像が公開
映画『DIVOC-12』

『DIVOC-12』は、ソニーグループが立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」の支援活動の一環として、コロナ禍で映像制作活動において大きな影響を受けているクリエイターたちを支援するプロジェクト。「DIVOC」はCOVIDを反対に並べた言葉。「12人のクリエイターとともに、COVID-19をひっくり返したい。」という想いが込められている。また、DIVOCのそれぞれの文字が表す「Diversity(多様性)」「Innovation(革新)」「Value(新しい価値)」「Originality(個性)」「Creativity(創造)」の意味を軸にプロジェクトを進めていく。

監督:藤井道人、上田慎一郎、三島有紀子/志自岐希生、林田浩川、ふくだみゆき、中元雄、山嵜晋平、齋藤栄美、廣賢一郎、エバンズ未夜子、加藤拓人

出演:横浜流星/松本穂香、小関裕太/富司純子、藤原季節/石橋静河/小野翔平、窪塚洋介/安藤ニコ、おーちゃん/清野菜名、高橋文哉/蒔田彩珠、中村守里/中村ゆり、髙田万作/笠松将/小川紗良、横田真悠/前田敦子

製作・配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

2021年10月1日(金) 全国公開

公式サイト divoc-12.jp