Nov 16, 2022 news

大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』

A A

この度、2023年1月20日(金)に開催される「大映4K映画祭」の予告映像が公開された。本映画祭の目玉となる4K版初披露作品や過去に4K化された数々の秀作から、当時の雲の上のスターたちが放つ永遠の煌めきを存分に堪能できる90秒となっている。あわせて、4K版初披露作品8本の貴重な4K場面写真も解禁された。

本映画祭の目玉は4K初披露となる8本(増村保造監督・若尾文子主演の『赤い天使』、吉村公三郎監督・山本富士子主演『夜の河』、三隅研次監督・市川雷蔵主演『斬る』『剣鬼』『剣』『大菩薩峠』シリーズ)を加えた28本。鑑賞経験のある方には過去の感動の思い出が鮮やかに蘇り、初鑑賞の方には不朽の名作として脳裏に焼き付けられること間違いなしのラインナップ。

大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』
『夜の河4K』©KADOKAWA1956 / 『斬る4K』©KADOKAWA1962
大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』
『赤い天使4K』©KADOKAWA1966 / 『大菩薩峠4K』©KADOKAWA1960 / 『剣4K』©KADOKAWA1964

予告映像では、もう一度聞きたい!と思わせる珠玉の名台詞と艶めく声を贅沢に凝縮し、すべての作品を網羅したくなること間違いなし。

変幻自在な禁断の女・若尾文子の「私のからだ、見たいだけ見ていいのよ」(『赤い天使』より)、しなやかで媚びない女・山本富士子の「遠い所へ行っておしまいますなんて嫌どす‥‥」(『夜の河』より)、気高い孤高の女・京マチ子の「うちがこれからどんなことしようと、なぁんにも言われることあらへん」(『赤線地帯』より)、美しさを極めた男・市川雷蔵の「わしには業がつきまとっている。わしは人の命を奪って生きる!」(『大菩薩峠』より)、豪快で繊細な男・勝新太郎の「やるからには、後へは引けませんよ」(『座頭市物語』より)

大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』
『菩薩竜神の巻4K』©KADOKAWA1960 / 『大菩薩峠完結編4K』©KADOKAWA1961
大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』
『剣鬼4K』©KADOKAWA1965

また本映画祭連動企画として、粒揃いの秀作・怪作・超レア作を上映する「Road to the Masterpieces」も2023年1月6日(金)より角川シネマ有楽町にて開催される。

大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』
イベント情報
大スターたちが艶めく声でたたみかけてくる、珠玉の見せ場満載!永遠のマスターピースを4Kで一挙上映 『大映4K映画祭』
『大映4K映画祭』

4K初披露となる8本(増村保造監督・若尾文子主演の『赤い天使』、吉村公三郎監督・山本富士子主演『夜の河』、三隅研次監督・市川雷蔵主演『斬る』『剣鬼』『剣』『大菩薩峠』シリーズ)を加えた28本を上映。鑑賞経験のある方には過去の感動の思い出が鮮やかに蘇り、初鑑賞の方には不朽の名作として脳裏に焼き付けられること間違いなしのラインナップ。

2023年1月20日(金)より角川シネマ有楽町/2023年1月28日(土)より大阪シネ・ヌーヴォ ほか全国順次開催

【連動企画「Road to the Masterpieces」】
2023年1月6日(金)より角川シネマ有楽町にて開催

©️KADOKAWA

公式サイト cinemakadokawa.jp/daiei-80/

SHARE