Sep 07, 2022 news

ミッキー・マウスの生みの親 ウォルト・ディズニーのグラマン社製飛行機「ガルフストリーム I」=“ザ・マウス”が『D23 Expo 2022』で展示&紹介!

A A

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムで現地時間9月9日(金)~9月11日(日)に実施される究極のディズニーファンイベント『D23 Expo 2022』。ディズニーのあらゆる世界がひとつ屋根の下に集まり、プレゼンテーション、パビリオン、体験、コンサート、先行試写、ショッピングなど、盛りだくさんの3日間を満喫できる。ディズニーの映画、動画配信、テレビ、ゲーム、テーマパークの最新情報などが発表するほか、経営陣や、セレブリティへのアクセスが可能となり、いくつかのプレゼンテーションは、公式サイトで生配信される予定。

それに伴い、この度ウォルト・ディズニーのグラマン社製飛行機「ガルフストリーム I」が『D23 Expo 2022』に参加するファンのために展示されることとなった。

ディズニーの99年の歴史の中で初の公式なファンのための会員組織である「D23」と、ウォルト・ディズニー・アーカイブスは、『D23 Expo』のプラチナスポンサーであるAmazonとともに、飛行機の外観を復元し、「Mickey Mouse One: Walt’s Plane presented by Amazon (原題)」という特別展示で、”ザ・マウス”として知られるこの飛行機の歴史に焦点を当て、ウォルト・ディズニー・カンパニーの歴史におけるその重要性を紹介する。

また、主翼のエッジや窓を新しく塗り直した機体や、ウォルトのお気に入りの座席の近くに設置され、飛行状況を確認するためにカスタマイズされた計器パネル、コックピットのパイロットと直接連絡が取れる電話機、飛行機の尾翼に座るミッキーマウスの姿が描かれたフライトバッグなど、機内の初公開の品も展示される。

本機は、フロリダ州オーランドのワールドドライブに着陸した1992年10月8日から、2014年まで、ディズニーMGMスタジオ(現ディズニー・ハリウッドスタジオ)でのスタジオツアーの一部だったが、今回、初めて西海岸に戻ることになった。今回の外装の再塗装と仕上げ作業、そして機体の国土横断移動は、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング社の協力と支援により実現。

ミッキー・マウスの生みの親 ウォルト・ディズニーのグラマン社製飛行機「ガルフストリーム I」=“ザ・マウス”が『D23 Expo 2022』で展示&紹介!
© Disney. All rights reserved

1963年、ウォルトはのちに”ザ・マウス”として知られるようになる象徴的なガルフストリームを手に入れた。機内は、ウォルトと妻のリリアンのアイデアでデザインされ、15人乗りで、調理場、2つのトイレ、2つのソファ、机、そしてミッキーマウスのシルエットをあしらったマッチブックや文具など、すべてが始まったネズミにちなんだものが含まれていた。

1967年には機体の尾翼番号にもミッキーのイニシャルが入り、N234MMとなった。ウォルト・ディズニー・カンパニーのために28年間活躍したこの飛行機は、地上に降りるまでに2万時間飛行し、8万3千人の乗客を運んだと言われている。


『D23 Expo』では、この象徴的な飛行機が会社の歴史を通して果たした役割について学ぶことができる。

●1963年、ウォルトとその家族、そして会社の重役たちは、ガルフストリームのデモ機で、しばしば「プロジェクト X」と呼ばれる開発計画のために、セントラルフロリダを含む候補地を探りに出かけた。1964年初めに、自分のガルフストリームを手にしたウォルトは、フロリダに何度も足を運び、最終的にウォルト・ディズニー・ワールドの魔法を実現するための基礎を築いた。

●ウォルトの飛行機はバーバンクとニューヨークを往復し、1964年から1965年にかけて開催されたニューヨーク万国博覧会の準備に一役買った。このイベントは、「イッツ・ア・スモールワ ールド」などの象徴的なアトラクションを東海岸の観客に、そして後にディズニーランドにもたらすことになった。

●また、ウォルトは「パイレーツ・オブ・カリビアン」のアトラクションの外観のインスピレーションを得るために、プエルトリコのサンフアンにあるエルモロ要塞の上空を飛行しながら、ファンの間で人気の高いこのアトラクションの調査を行った。

●“ザ・マウス”は、ディズニーランドのプロモーションツアーや、『ジャングル・ブック』(1967年)などの名作映画で使用されたほか、ウォルト・ディズニー・スタジオの映画『テニス靴をはいたコンピューター』(1969年)や『そら見えたぞ、見えないぞ!』(1972年)に登場した。また、この機体にはディズニー・レジェンドのジュリー・アンドリュースやアネット・フニセロ、ジミー ・カーターやロナルド・レーガン元米国大統領など、著名なゲストも搭乗している。

●1985年、青と白に塗装されたウォルトの飛行機で、親善ツアーやキャラクターが小児病院へ訪問を行うために利用され、同社の社会貢献の歴史に新たな一ページを刻んだ。

イベント情報
ミッキー・マウスの生みの親 ウォルト・ディズニーのグラマン社製飛行機「ガルフストリーム I」=“ザ・マウス”が『D23 Expo 2022』で展示&紹介!
© Disney. All rights reserved
「D23 Expo 2022」

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムで実施される究極のディズニーファンイベント。ディズニーのあらゆる世界がひとつ屋根の下に集まり、プレゼンテーション、パビリオン、体験、コンサート、先行試写、ショッピングなど、盛りだくさんの3日間を満喫できる。ディズニーの映画、動画配信、テレビ、ゲーム、テーマパークの最新情報などが発表するほか、経営陣や、セレブリティへのアクセスが可能となり、いくつかのプレゼンテーションは、公式サイトで生配信される予定。

開催日:現地時間2022年9月9日(金)~9月11日(日)

公式サイト d23expo.com