Oct 13, 2022 news

ファン感涙必至!ドラマシリーズの豪華ゲストキャスト陣も出演 映画『Dr.コトー診療所』

A A

累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を元に、シーズン1、シーズン2ともに大ヒットを記録し、今なお国民的ドラマとして語り継がれている「Dr.コトー診療所」が映画化。本作の監督を務めるのは、ドラマシリーズでも演出を務めた中江功。脚本は、同じく連続ドラマ全作を執筆してきた吉田紀子。そして主人公・コトーを演じるのは吉岡秀隆。柴咲コウをはじめとする、時任三郎、大塚寧々、泉谷しげる、筧利夫、小林薫、大森南朋、朝加真由美、富岡涼らドラマシリーズからの続投キャスト9名も再集結。

さらには主題歌も変わらず、不朽の名曲「銀の龍の背に乗って」が起用され、名作ドラマシリーズを世に贈り出したオリジナルスタッフ&キャストが、再び「Dr.コトー診療所」の“今”を描く。

先日の新キャスト解禁では、看護師役の生田絵梨花に加え、新米医師として髙橋海人(King & Prince)が出演することも発表となり、16年の月日を経て動き出す物語に期待が高まっている。

ファン感涙必至!ドラマシリーズの豪華ゲストキャスト陣も出演 映画『Dr.コトー診療所』

さらにこの度、ドラマシリーズに出演していた豪華ゲストキャスト陣も、出演することが解禁。

「Dr.コトー診療所」第1期(2003)で、大塚寧々演じる母・茉莉子に会うため、一人で東京から志木那島までやってきた息子・竜一役を演じた当時10歳の神木隆之介、そして東京で美容師になるべく働いていたが、子供を身籠り一人で産む決心をして、志木那島へ戻ってきた重雄(泉谷しげる)の一人娘・リカ役の伊藤歩。

「Dr.コトー診療所2006」第2期(2006)からは、彩佳(柴咲コウ)が診療所を留守にしている期間中、診療所の看護師を務めた仲依ミナ役の蒼井優と、乳がんを患った彩佳を治療する東京の病院の担当医で、コトーとは対照的に医師と患者は家族にはなれないと考える冷徹な医師・鳴海慧を演じた堺雅人という4名が、本作へ参加することになった。

今回の映画化にあたり、吉岡と中江監督が大切にしていた「もう一度同じメンバーで『Dr.コトー』をつくりたい」という想いがより強く感じられる今回のキャスティングで、4人の“今”がどのように描かれるのか。

また、本作の公開を記念して、2003年放送の「Dr.コトー診療所」から2006年放送の「Dr.コトー診療所2006」までの全24話(2004年放送「Dr.コトー診療所 特別編」を除く)を11月15日(火)からフジテレビメディアミックスα枠で再放送することが決定となり、さらにはTVer/FOD/GYAO!にて10月26日(水)から特別編を含む全26話を順次無料配信することが決定。

ドラマシリーズをまだ観たことのない人はもちろんのこと、ドラマファンもこの機会に復習もかねてチェックしておきたい。