Nov 26, 2021 news

サンダンス映画祭史上最多4冠の感動作!映画『コーダ あいのうた』予告映像が公開

A A

今年開催されたサンダンス映画祭で、アカデミー賞へ繋がると呼び声の高い観客賞を始め史上最多の4冠に輝いた映画『コーダ あいのうた』。配給権の争奪戦が勃発し、映画祭史上最高額約26億円で落札されたことも大きなニュースになった本作の日本公開日が2022年1月21日(金)に決定した。

この度、本作の予告映像が公開された。

映像は、耳が聞こえない漁師であるルビーの父が、漁業組合の横暴な決定に対し手話で堂々と歯向い、彼女がそれを通訳で応戦する“家族のチームプレイ”シーンから始まる。その後に続くのは、4人家族の中で唯一の健聴者として生まれたルビーが、家族で助け合いながら漁業に励む日常風景。しかし、ある日、ルビーが学校の合唱部に入ったことをきっかけに、それまで家族が知る由もなかった歌の才能を見出され、名門“バークリー音楽大学”の受験を勧められるまでになる。だが、ルビーの歌声を聞くことのできない両親は娘の才能を信じる事が出来ず、家業の方が大事だと大反対。しかも、健聴者であるルビーが一緒にいなかったことが原因で海上でのトラブルに巻き込まれてしまうという事件も発生。悩んだルビーは夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をし‥‥

主人公のルビーには、大ヒットTVシリーズ「ロック&キー」で“NEXTエマ・ワトソン”と話題をさらい、人気沸騰中のエミリア・ジョーンズ。特訓をうけた歌と手話でどこまでも自然にルビーを演じ、観る者を魅了する。共演は『シング・ストリート』のフェルディア・ウォルシュ=ピーロ。そしてルビーの家族を演じるのは、『愛は静けさの中に』のオスカー女優マーリー・マトリンを始め、全員が実際に耳の聞こえない俳優たち。そこまでキャスティングにこだわった監督は『タルーラ ~彼女たちの事情~』のシアン・ヘダー。

映画『コーダ あいのうた』は2022年1月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開。

作品情報
サンダンス映画祭史上最多4冠の感動作!映画『コーダ あいのうた』予告映像が公開
映画『コーダ あいのうた』

豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす高校生のルビーは、両親と兄の4人家族の中で一人だけ耳が聞こえる。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から“通訳”となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。新学期、秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択するルビー。すると、顧問の先生がルビーの歌の才能に気づき、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。だが、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業の方が大事だと大反対。悩んだルビーは夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をし‥‥。

監督・脚本:シアン・ヘダー

出演:エミリア・ジョーンズ、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、マーリー・マトリン 

配給:ギャガ GAGA★ 

© 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

2022年1月21日(金) TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開

公式HP gaga.ne.jp/coda